◆Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
        

◆Mono Clip!!

        

◆Categories

◆Archives

◆BlogRanking

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

◆Links

◆Profile

◆Counter


オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters

◆Mobile

qrcode

others

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.02.16 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    FOOTWEARについて語る NEWTON DISTANCE

    0

       みなさんこんにちわ(^^)/ やはり【月刊footwearMANIA★】4月号です。

       前回のブログ更新以降様々なことが起こりました。その最たるものが東北大震災で発生後3週間経った今でも行方不明者が1万人以上もあり被害の大きさは予想すらできないものになっております。今回の震災において被害にあわれましたみなさまに心からお見舞い申し上げますとともに1日も早い復興を願っております。

       さて、2月末にはあの東京マラソンが開催され、東京マラソンでは珍しいほどの快晴で出場されたランナーのみなさん、沿道に駆け付けた応援のみなさん、TVの前でずっと観戦されていただみなさんそれぞれにとって本当に素晴らしい大会だったのではないでしょうか。私MANAGER★も今回幸運にも当選し走らせていただきました。やはり一度は走ってみたい!!そんな素晴らしいでした。その東京マラソンから始まったランニング人気の中でこの数年で走り方の変化(フォームの変化)が提唱されてきております。「ナチュラルランニング」という言葉もここ数年で耳にするようになった言葉です。

      そんな「ナチュラルランニング」の提唱ブランド

      【NEWTON Running】

      について本日は少し考えてみたいと思います。

       NEWTON
       DISTANCE
       (ディスタンス)
       メーカー希望小売価格 ¥21,000-
       
       重量 約   g (27.0cm)





      ここのところランニング雑誌をはじめ各方面で裸足ランニング・ベアフットランンング・ナチュラルランニングという言葉を多数目にしておりますが、市民ランナーのみなさんにも非常に関心の高い部分でもあると思います。人が裸足で走るとき踵から着地せずつま先側から接地していきます。これが本来人が持っている防衛本能と言われ、つま先から接地することが各方面からみても理想であると言われる所以です。


      なぜフォアフット(つま先接地)が理想なのか!?


      ヒールストライク(踵接地)ではほとんどの場合走行中の自分自身の中心(軸)よりも前方に接地することになり進行方向へ対してのブレーキとなりパワーロスを起こすばかりか踵・膝関節・大腿四頭筋の負荷が高まり疲労や故障の原因になります。さらにヒールストライクでは足本来が持っている衝撃吸収機能を上手く生かせません。路面へのファーストコンタクトが踵で行われると膝関節伸展位(真っ直ぐ伸び切った状態)になり路面からの衝撃・反発を全て膝関節で吸収しようとしますから半月板の負荷も高まり違和感が出る可能性が高まります。これがフラット・フォアフットでの接地になればアーチ(土踏まず)での吸収はもちろん足関節・膝関節で分散吸収できることで負荷が小さくなり故障・ケガのリスクが軽減するのです。


      この【NEWTON】シューズはその理想と言われるフラット・フォアフットでの接地が小さな意識でも比較的に容易に行うことができるシューズとして注目を集めています。これはNEWTONの特徴である「アクチュエーターラグ」と呼ばれる前足部の突起が踵部とのオフセット(前後の高低差)を非常に小さくしていることでフラット・フォアフット気味に接地しやすくしています。またそのアクチュエーターラグが前足部中足骨骨頭付近で踏み込んだ時に沈み込みを起こし路面から足が離れる時に元に戻る反発として推進力を高めます。この動きがアイザック・ニュートンの「作用反作用の法則」と呼ばれる原理を利用した機能となっており【NEWTON】シューズが楽に速く走れるシューズ!!と言われる要因です。

      では、実際に履いてみた感じはどうでしょう。このシューズは履き慣らしが必要でいきなり長い距離をフォアフットで走ると脹脛(腓腹筋)に負荷がかかりますので徐々に距離を延ばした方がいいでしょう。走りだしてみてすぐはやはり腓腹筋の張りを感じます。これは足関節の底屈を利用した衝撃吸収を行っているものと考えられます。ここで気をつけていただきたいのが蹴りだしの時に足関節を使った走りにならないようにする方が良いと思います。履き始めは違和感を感じた線足部のアクチュエーターラグは暫く履き続けると気にならなくなってきました。そしてその前足部の機能を反発として体感でき勝手に前に進むという感覚になります。骨盤前傾を意識しながらフォアフットで接地しアクチュエーターラグの反発を感じながら走ることで脚の筋肉の力を使わず非常に省エネルギーで走れそうです。


      私MANAGER★も皇居1周のTTを行いましたが明らかにタイムは早くなっておりました。益々注目したいシューズです。

      ブログランキング参加しました♪ Click-Clickお願いしますm(__)m

      にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ


      FOOTWEARについて語る ADIDAS adizero Japan ハイレ

      0
         みなさんこんばんわ(^^)/ 今回は少しサイクルの早い更新です。

         今月末には日本最大のマラソンである「東京マラソン2011」が開催されます。出場されるランナーのみなさんやボランティアの方々、そして沿道を埋め尽くすであろう応援のみなさまの力が一つになり感動のドラマを生むことでしょう。「東京がひとつになる日。」今から楽しみです。
         
         さてその東京マラソン2011のもっとも注目すべきランナーはなんといってもあの世界記録保持者である皇帝「ハイレ・ゲブレセラシエ」選手でしょう。今年の東京でどんな走りを見せてくれるのでしょうか!?そのハイレ・ゲブレセラシエ選手がレース当日履くであろうシューズが自らの名前を冠したモデル
         
        【ADIDAS adizero Japan ハイレ】 です。

         本日はこのシューズをチェックしてみたいと思います。

         ADIDAS
         adizero Japan ハイレ
         G42306
         メーカー希望小売価格 ¥13,650-
         2011年1月発売モデル
         重量 約205g (27.0cm) 

         よくショップでも「エリート選手はオーダーシューズですよね!?」といったことを聞かれるのですが日本ではトップ選手は自らの足に合わせたオーダーシューズが当たり前になっておりますが外国人選手にはあまりそういったことはありません。北京オリンピックで男子マラソン金メダリストのサムエル・ワンジル選手はNIKEでしたがレース本番用シューズを忘れ慌てて現地で購入したシューズで金メダリストになりました。その時のレース本番用として準備していたのが発売直前の「エアズームスピードスパイダーR」で現地で購入したものが「エアズームカタナレーサー」というどちらも市販モデルだったようです。またハイレ選手は福岡国際マラソンで優勝した時には市販のadizero CSを履き、世界記録を打ち立てたベルリンではadizero Japanで2'03"59と言う想像もつかないような記録で優勝しています。

         なぜハイレ選手はスペシャルオーダーシューズを履かないのか??答えはいたって簡単です。それはadizero Japanがハイレ選手の意見を聞きそのまま形にしたハイレ・ゲブレセラシエ仕様だからです。ここでちょっとおもしろい話があるのですがadizeroシリーズ担当の日本人がハイレ選手から「踵にはもう少しクッション性が欲しいのでちょっと厚くしてほしい」とのリクエストがありやや厚めのソフトなクッションしたところハイレ選手は気に入った様子。しかしそのシューズを履いて接地測定をを行ったところ踵はほとんど接地していなかった…という状態だったようです。(笑

         さて今回の「adizero Japanハイレ」ですが通常のadizero Japanのリミテッドエディションでアッパーの素材・デザインが違うことくらいでミッドソールやアウトソール、ラストなどは共通のものを使用しています。今作で2代目となったadizero Japanですが現在市民ランナーの中でもadidasは人気急上昇でレース会場でもよく目にするようになりました。前作同様前足部のミッドソールはフルフォアフットアディプリーンプラスという非常に反発性の高い素材を使用し推進力としてスピードランナーからも高い評価を得ています。ヒール部ミッドソールはアディプリーンという素材でハイレのアドバイス通り高いクッション性を体感できます。初代モデルとの違いはアウトソールにあります。「ハイブリッドアウトソール」と呼ばれる3種類の素材を使用しあらゆるシーンでグリップ力を発揮するような設計になっています。先足部つま先から母趾球部には蹴り出し時のグリップ性を重視した「DSPクイックストライク」中足部にはやや粘りがありウェットでも高いグリップ性を発揮する「スティッキーラバー」そして前足部外側にはCSシリーズでも採用されているクッション性と耐久性を兼備した「ブローンラバー」を採用しています。これはその箇所での役割を最大限に発揮できるような配列になっています。スピードランナーは前足部外側接地ですからブローンラバーで衝撃吸収、中足部は踏み込み時に最も力がかかりどんなシーンでもグリップするようステッキーラバー、母趾球からつま先にかけてはハイレ選手のようにしっかりと路面に力をロスなく伝えられるようDSPクイックストライクと効率よくパワー伝達が行える配列です。また安定感を出すために搭載されたエクステンデットトルションシステムは中足部の安定性の向上と高い効率のパワー伝達をサポートしスピードアップに貢献しています。

         その他には大きな変更点はなくadidasの最大の武器といってもいい踵のホールドを感じさせるマイクロフィットレーシングラスト、おなじみのスリーストライプは中足部のサポートを高めシューズと足のずれをほぼ感じさせないフィッティングとなっています。  実際に足入れした感じでは前作同様のフィット感もあり踵のホールドは私MANAGER★もお気に入りです。さらに軽く走ってみても前足部の反発は人によっては硬さを覚える方もおられるかもしれませんが、路面からの反発をしっかりと感じられます。ヒールのクッションは3min/kmを切るスピードで42km走り切れるためのシューズと思えないようなソフトな印象でクッション性も良く距離さえ間違えなければ初級クラスの方でも履いていただきたいと思うくらいです。雨の中での走行を行っていないのでスティッキーラバーの威力は実感できませんでしたがドライで感じた感覚からするとウェットでのグリップもまずまずではないでしょうか。

         このシューズは3min〜5min/kmくらいの幅広いペースでお使いいただけるレーシングシューズです。フルマラソンであれば3:30〜ハーフだと90分位からが一番シューズの良さを実感できるのではないでしょうか。みなさんもぜひ一度世界記録を打ち立てたシューズの足を入れてみて下さい。そして走ってみてください。ハイレの気分でモチベーションがかなりUPします。

        私MANAGER★のハーフのベストもadizero Japanでした。
        ただし、今は履きこなせる走力はありませんが…(T^T)

        ブログランキング参加しました♪ Click-Clickお願いしますm(__)m

        にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ