◆Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
        

◆Mono Clip!!

        

◆Categories

◆Archives

◆BlogRanking

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

◆Links

◆Profile

◆Counter


オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters

◆Mobile

qrcode

others

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.02.16 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    FOOTWEARについて語る ADIDAS adizero TAKUMI Ren

    0
      みなささんこんばんわ(^^)/
      1年に一度の更新になるかもしれませんが久しぶりに登場です。

      2月になるとここ東京ではあちこちに東京マラソンの文字が増え賑やかになってきます。ここ一年で大都市でのマラソン大会が増え大阪・神戸・名古屋・京都や九州では長崎や熊本とますます盛り上がりを見せております。そんな東京マラソンを目前にした1月に話題のシューズが発売になりました。オリンピック金メダリストのシューズを手掛けたマイスターとの共同開発で話題の

      【adidas adizero TAKUMI REN】

      についてちょっと分析してみたいと思います。
      ※久しぶりの更新なので文体がおかしかったらお許しください(汗


       adidas
       adizero TAKUMI Ren
       (アディゼロ 匠 練)
       V23748
       メーカー希望小売価格 ¥13,650-
       2012年1月発売モデル
       重量約200g(27.0cm)

       
       2000年シドニーオリンピック・高橋尚子選手、2004年アテネオリンピック・野口みずき選手と2大会連続で女子マラソンのゴールドメダルを日本の選手が獲得し日本中が沸きましたが、その二人の選手にシューズを作っていた人間が当時ASICSに在席されていた三村氏です。その後ASICSを退社され自身の名前の付いたブランド「M.Labo」を立ち上げトップアスリートを中心にシューズを展開されておりました。そして約1年後にADIDASと専属契約を結び現在にいたっています。三村氏の作るシューズを一度は履いてみたいと思っているランナーも多いのですが、なかなか一般のランナーが履けるチャンスが少ないのですが、今回adidasの人気シリーズ「adizero」の中で三村氏の意見を取り入れた共同開発モデルとして「TAKUMI」シリーズが発売され非常に注目されています。

       「adizero TAKUMI」シリーズには、レース専用モデルの【Sen・戦】とトレーニングモデルの【Ren・練】の2タイプあり、今回は市民ランナーの多くの方が履くであろう【Ren・練】についてチェックしてみましょう。

       今シーズンのadidas adizeroのラインナップにはこのRenと同じような位置づけに当たるシューズが市場で人気の「adizero JAPAN2」なのですが、見た目はそれほど大きく変わらない印象ですが細部をチェックするとかなりの違いがありランナーのレベルや好みに合わせて選択できるように感じます。

       先ずはラストですが、adizero JAPANのつま先までシェイプされたタイトフィットとは少し違いがありボール部(母趾球横〜小趾球横のライン)から先端までがこのRenの方がゆとりを感じ足趾の動きの自由度が大きいところが特徴です。三村氏の考えがつま先はゆとりを持たせ足趾が自由になる空間を必要としている事で幅・高さ共にやや大きい作りとなっております。ただし中足部から踵にかけてはホールド感が高く特にヒールはカウンターの外側よりミッドーソールと一体になったスプリントフレーム構造を搭載することで包み込む感じや横方向への倒れ込みや捻じれを押さえる役割があり足とシューズの一体感はJAPANを凌駕するのではと考えます。

       ミッドソール・アウトソールに関してはかなりの違いがあります。アウトソールはJAPAN2はラバーを多めに使い、特につま先部はコンチネンタル社製のラバーを使用することで粘るようなグリップと耐久性を求めるところに対しRenでは前足部のほとんどをDSPクイックストライクと言うグリップ素材で覆われております。またミッドソールに内蔵される「トルション」を前足部まで伸ばし反発性能を高めているのですがJAPAN2は3本ありトルションバーの返りを反発とするのに対してRenでは従来通りの2本とし自分の足で踏みこみ路面からの反発+トルションバーの反発を推進力としています。ですからJAPAN2はやや硬さを感じますがRenはクッション性を感じる方も多いでしょう。ミッドソール・アウトソールの特徴をとらえるとシューズの反発を最大限に生かすJAPAN2、自ら踏みこんでその反発を推進力とするRenという違いを感じます。

       実際に走ってみたところでは、ソールの薄さは感じますが走り出してみると最初に感じた薄さから想像していたよりも前足部のクッション性が高く柔らかな印象です。また接地後のトラクションの掛かり方もDSPクイックストライクを大きな面積で採用しておりますので路面に対するグリップはかなり高いでしょう。4min/kmの前半で走れれば非常に気持ち良く路面からの反発を感じながら前へ進み、それを受ける足はホールドの良さとヒールカウンターの包み込みにより安定性を感じるでしょう。

       今回発売になった話題のRenはモデルチェンジしたJAPAN2程の癖もなく万人に受け入れられるトータルパフォーマンスの高い1足だと感じます。個人的な意見としては完成度が非常に高いASICSのターサーのミッドソール+アウトソールにADIDASのホールド感に優れたアッパーを搭載したランナーとしては「こんなシューズを待っていました!!」と言うシューズではないでしょうか。

       次回の更新までSee You♪

       by MANAGER★



      ブログランキング参加しました♪ Click-Clickお願いしますm(__)m

      にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ


      スポンサーサイト

      0
        • 2012.02.16 Thursday
        • -
        • 01:54
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        MANAGER★殿 貴社のインソール愛用者です。
        更新を心待ちにしていた者としては、今回の更新、しかもRENを取り上げいただき2重の喜びです。
        と申しますのは、この秋からのレーシングシューズを探していたところ、所属するランニングステーションのオーナーさんがRENを履いて初マラソン3時間10台で完走し、私にいい靴だと推薦されました。
        ステーションにサンプルがあったので、履いて10KMを走ってみたところ、足の運びがスムーズでとてもいいタイムを出せました。そしてRENに決めかけていたのですが、あるネットのシューズ評でRENはサブスリーレベルではないとこのシューズの能力が発揮できないと書かれていました。
        確かに10KM程度なら理想のスピードで走れても、やはりフルを同じ走り方ではもたないかもしれないと危惧し、レース用にはJAPAN2の方がいいか迷っています。
        私のベストは4年前に出した3時間28分で、最近では2年前に3時間35分で走っています。目標は3時間20分切りです。足は細い(甲の高さがない?)方でアシックスですとスリムになります。走り方はオーバープロネーションが強いのですが、貴社のカスタムメイドのインソールで処置しているので、コントロールタイプでなくとも大丈夫かと思います。
        RENでいくべきでしょうか?JAPAN2の方が合っているのでしょうか?それとも別のシューズを薦められますか?
        よろしくお願いします。
        • camposkt
        • 2012/07/05 11:29 PM
        ◆のりりんさん : コメントありがとうございます。ラストのつま先の感じはRenの方が少しゆったりとスペースを取っていますで若干の違いはあるかと思いますが中足部からヒールにかけてはかなりホールド感があります。

        Sen=Pro Ren=JAPAN という感じでレベルが同等と考えていただければと思います。
        • MANAGER★
        • 2012/02/17 7:43 PM
        早速記事をアップしてくださり、感謝の極みですm(__)m

        私は今45歳で、走力は10km40分45秒、ハーフ1時間29分台(何れもadizero JAPANで出した記録です)なのですが、自分の走力から判断し、JAPAN2にしようかTAKUMI RENにしようか迷っていましたが、本記事を拝見している限りでは、JAPANの後継としてTAKUMI RENの方が自分の足によく合っているのではないかという印象を受けました。

        2009年モデルからJAPANのフィット感が好きで、JAPANを履き続けてきましたが、「JAPANを凌駕する足との一体感。」という言葉にビビッと反応してしまいましたので^^;

        結局のところ、TAKUMI SENはPRO4の後継、JAPAN2やTAKUMI RENはJAPANの後継ととらえればよろしいのでしょうか??
        • のりりん
        • 2012/02/17 12:49 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック