◆Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
        

◆Mono Clip!!

        

◆Categories

◆Archives

◆BlogRanking

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

◆Links

◆Profile

◆Counter


オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters

◆Mobile

qrcode

others

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.02.16 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    FOOTWEARについて語る SCOTT T2C

    0
      みなさんこんばんわ(^^)/
      もうブログを止めたのかと思われるくらい本当に久しぶりの更新です。

      前回の更新以降、営業活動で九州や東北・北信越に行ったり来たりと6月より社内の移動があり東京勤務となって引越しをするなど本当にバタバタとした3ヶ月間を過ごしました。その間にも新製品が発売になったり早くも2012年モデルの展示会があったりと頭の中が混乱しそうな感じですが本日は少しFOOTWEARについて語りたいと思います(^^;

      そんなご無沙汰更新時のシューズは昨年よりランニングマガジン「クリール」さんのトライアルで過去2回の試履会で履いてみたいシューズ堂々1位の非常に人気の高いこちら

      【SCOTT T2C】

      についてちょっとお話しましょう。

      SCOTT_T2C
      SCOTT
      T2C
      SB218733
      メーカー希望小売価格 ¥16,590-
      2010年発売
      重量 約245g(27.0cm)







      私MANAGER★の世代で【SCOTT】というとスキーのポールやゴーグルを思い浮かべたり、バイク(自転車)を思い浮かべたりする方も多いのではないでしょうか。そんなランニングとは関係のなさそうなブランドのSCOTTが昨年より日本でランニングシューズを発売し非常に高い評価を受けています。その好評価の理由が「楽に走れる!!」や「自然とスピードに乗って走れる!!」といった意見がかなり多いのです。実は私MANAGER★もSCOTTシューズを所持しており同じような感覚で走ることができております。

      ではなぜ多くの方がそのような評価を下すのでしょう!?その理由がSCOTT社の独自考え方【エルゴロジック ライド】にあるようです。アウトソールはフラットのように見えますが船底のようにラウンドしたロッカーシェイプのソールが踵からつま先までの荷重の移動をスムーズに行うため簡単に言うとシューズの底が転がって前に進むというイメージで小さい力で前方への推進力を生むのです。この事でエネルギー効率を高め疲労の軽減と共に走行中のスピードに繋がっていくのではないでしょうか。この件に関しての研究結果はメーカーサイトでもカルガリー大学研究室のデータとして出ていると謳っています。

      その他の印象としてはミッドソールは比較的に柔らかいのですが、履いて実際に走ってみてもソールが転がる感じで前に進みスピードも出しやすいように感じます。またこのアウトソールの形状はフォアフットでもヒールでもどの場所で接地しても同じように転がりますから接地タイプによっての違いが他のシューズに比べ小さいところが幅広い層のランナーに受け入れられるのではないでしょうか。

      アッパーのホールドは中足部はしっかりとホールド、前足部は足趾の動きを妨げないような設計で5本の趾が路面に対してパワー伝達を行いやすくなっています。さらに踵のホールド感は高い評価のADIDASにも劣らない包み込みがあり接地時の踵骨の安定性も高く左右のブレを防いでいます。

      私MANAGER★が少し気になりところがアウトソールのグリップ力です。母趾球・小趾球下のグリップパーツの接地時の感覚がドライ時での走行での足底の感触がウェット時の路面になるとやや滑りが起こりそうな感覚を覚えました。また若干ですがヒール外側の耐摩耗性を重視した素材も耐久性が少ないように感じます。

      このSCOTT T2Cは楽に前に進めるシューズとしてどのレベルのランナーにもオススメできるシューズでフルマラソンはもちろんウルトラマラソンやトライアスロンのランなどでも威力を発揮してくれることでしょう。

      クリールさんのトライアルでの高い評価も納得です。



      ブログランキング参加しました♪ Click-Clickお願いしますm(__)m

      にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ


      スポンサーサイト

      0
        • 2012.02.16 Thursday
        • -
        • 18:56
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        ◆のりりんさん : いつも当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。本当に久しぶりでしたがご希望いただいたシューズについて少し書いてみました。現在ランニング業界で勢力拡大著しいadidasですが、今後ますますランニングを含めた陸上競技に力を入れるようです。ある筋から聞いた話では来年の箱根駅伝にはadidas社のユニフォームを着用する大学が出てきますのでさらに目が離せないブランドになってきました。
        • MANAGER★
        • 2012/02/16 2:02 AM
        はじめまして。
        いつも参考にさせていただいてます^^
        私はアディダスのアディゼロJAPANを愛用しています!
        最近になってアディゼロTAKUMIというモデルがリリースされましたけど、このシューズがとても気になります。
        (アディゼロJAPAN2も気になります^^;)

        これらのシューズについての記事をアップしていただきたく、宜しくお願いいたします。
        • のりりん
        • 2012/02/14 9:41 AM
        ◆nao.fさん : いつも当ブログをご覧いただき、またコメントも頂戴しありがとうございます。

        お返事遅くなりましたことお許し下さいませ。

        さてSCOTTシューズのサイズ感ですが現在ご使用されているシューズとの比較が解りやすいかと思うのですが私MANAGER★を例にすると裸足での足長…右246mm・左244mmで25.5cmのSCOTT-T2Cを使用しております。他に履くシューズのADIDAS adizeroJAPAN25.5cmやNIKE LUNAR SPIDER LT+25.5cm等と比較しても若干ですが短い(小さい)感はあります。さらにMIZUNO ウェーブライダー13 25.5cmと比較するとちょっと小さいなーという感じはあります。出来れば履いて確認出来ればいいのですが、難しい場合は交換の可能性を先に伝え快く応じていただけるショップでお求めされるといいのではないでしょうか!!
        • MANAGER★
        • 2011/08/19 10:56 AM
        SCOTTは以前から興味があったのですが、いかんせん私の住んでいる地域では取り扱っている店がなくて、実物を見たことがありません。通販で購入しようにも試し履きができないので困っています。一般的なシューズよりも大きめなのでしょうか、小さめなのでしょうか。
        • nao.f
        • 2011/08/13 9:44 AM
        ◆さたぼーさん : いつも当ブログをご覧いただき、またコメントも頂戴しありがとうございます。

        SCOTTもNEWTONも今までの既存のシューズと比べると確かに特徴があって、さらに価格も高めの設定ですので、簡単に履いてみるとは言いにくいですよね。

        どちらのシューズにも言えることが「省エネルギー」で走ることができるシューズだと私MANAGER★は考えています。特にトライアスロン等での使用率が高い両者はスイム・バイクの後の疲れ切った体を前に進ませるための構造となっているのではないでしょうか。ですからNEWTONでフルマラソンでも可能ですしそれ以上の距離を走るウルトラランナーの方もおられます。またSCOTTもスピードの出しやすい設計ですのでハーフで90min辺りでも問題なくお使いいただけると思います。
        • MANAGER★
        • 2011/07/18 4:02 PM
        ニュートン同様気になるシューズですが、タイム的にどのレベルのランナーに向いていそうですか?。
        どのレベルのランナーにも、というのがちょっと理解できません。

        距離的にはニュートンはハーフまで、T2Cはフル以上と考えればいいのでしょうか?。

        ニュートンもそうですが、特徴がありすぎてなかなか手が出せません(値段も高めだし)。
        • さたぼー
        • 2011/07/17 9:00 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック