◆Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
        

◆Mono Clip!!

        

◆Categories

◆Archives

◆BlogRanking

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

◆Links

◆Profile

◆Counter


オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters

◆Mobile

qrcode

others

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.02.16 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    FOOTWEARについて語る NIKE LUNARSPIDER LT+

    0
      みなさんこんばんわ(^^)v 月刊「footwear MANIA★」11月号のお届けです。

      11月も中盤にさしかかり市民マラソンも大きな大会が全国各地で開催されたくさんのランナーの方々が自己記録更新を目標に、またみんなで楽しむファンランとして参加されていることでしょう。今月は東では「つくばマラソン」、西では「福知山マラソン」と記録を狙うレースがあります。ご参加される皆様にはぜひがんばっていただきたいと願っております。

      そんな記録を狙うランナーに向けNIKEがレーシングモデルをリニューアルしました。
      その新しいコンセプトのレーシングモデルが今日のメニューです。

      【NIKE ルナスパイダーLT+】

      を本日は取り上げてみたいと思います。

      nike_lunarspider_lt+ NIKE
       ルナスパイダーLT+
       414589-001
       メーカー希望小売価格 ¥14,175-
       2010年10月発売モデル
       重量 約195g(片足27.0cm)

      NIKEと言えば「AIR」というくらい当たり前のようにクッショニングにはエアを使ったモデルをイメージしますが数年前よりエアと並行しながら新しいクッション材として使われるようになってきた「ルナロンフォーム」を搭載したレーシングシューズが10月に発売されました。それが本日のNIKE ルナスパイダーLT+です。

      このルナロンフォームとは「LUNAR=月」から派生した月を歩くようにフワフワしたクッションフォームの名前でその柔らかさが特徴です。AIRとの違いは通常レーシングモデルに搭載されるズームエアはエアバッグを薄くすることで高反発と安定性を両立させています。そしてその薄さからくる硬さを和らげるためにクシュロンという柔らかい素材をミッドソールに採用しクッション・安定性・反発性をバランス良く発揮させています。一方ルナロンフォームは内側のコア部に柔らかいフォームを、外側のブリッジと呼ばれる部分には硬いフォームを使用し2層構造にすることでクッション性・高弾性・ライド感をもたらします。ここで「ライド感」に違いが現れます。この違いは例えばASICSのターサーJAPANとターサーゲイルに見られる違いと同じくルナロンフォームでは「ネバリ」を感じられるようになりました。

      ミッドソールの違いの他にもアウトソールの意匠変更で今まであった外側のドライブソールをスポンジラバーに変更し接地安定性の向上と耐久性のアップを図っています。さらにアウトソールで注目したいところが中足部外側に設けられた「キューボイドパーツ」です。この部分は通常せパレ―トソールであればシャンクが入り中足部の落ち込みを防ぐ役割をするのですがこのルナスパイダーLT+ではその部分を立方骨のサポートとして利用し外側荷重時の安定感を高めています。このパーツがあることで走行中の安定感が更に高くなりました。

      このモデルから「QR-12」というラストに変更になり前作よりもつま先がシャープにし前足部のフィッティングが高くなり足との一体感がアップしています。ヒール部はどのような形の踵骨にも合うようにとヒールカウンターのサイズを最低限にしアキレス腱を包むようにメモリーフォームを採用していますのかなり高いレベルでのフィット感が感じられます。

      アッパーには「フライワイヤー」を採用していますが今回よりクロスタイプになり中足部サポート性の向上と通気口を設けることで通気性もアップし走行中のシューズ内の温度のコントロール性が良くなっているようです。

      実際に履いてみての印象では私MANAGER★はエアズームスピードスパイダーLT+も履いていますので走行中の違いがお話しできますが、先日このルナスパイダーLT+でハーフマラソンを走ってきた印象として、エアズームスピードスパイダーであったようなフワフワ感は少なくなっていますが決して硬くなったというわけではなくルナロンフォームを使用したことによる柔らかい感じはあるのですがフワフワしていないネバリを実感したように思います。さらにヒール部のホール性も非常によく踵骨にくっついてくるような感じでした。ただし後方の立ち上がりが高く踵骨の形状・サイズによりアキレス腱周辺にスレを感じる方も出てくるかもしれません。またキューボイドパーツによる立方骨の安定から来る接地感はかなり高いレベルで安定しているのではないでしょうか。

      メーカー推奨レベルが「チャレンジサブ4〜」となっており今シーズンサブ4を目標とされているランナーさんにもお勧めできるレーシングモデルとして注目しています。みなさんもぜひAIRじゃないNIKEのクッション性を感じてみて下さい。

      私MANAGER★次のつくばをこれで走ろうかと考え中です!!


      ブログランキング参加しました♪ Click-Clickお願いしますm(__)m
       にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ


      スポンサーサイト

      0
        • 2012.02.16 Thursday
        • -
        • 21:41
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        こんにちは!

        ルナスパイダー良いですね〜!!同じ高校のやつが履いているのですが、欲しくなって溜まりません??

        今回はお願いです?アシックスの「フリークスJapan」がどんな靴か知りたいのですが教えて頂けませんか??
        • トモ
        • 2010/12/20 10:16 PM
        ◆いつも当ブログをご覧の皆さまへ

        いつも「footwear MANIA★」をご覧いただき
        誠にありがとうござます。

        記事更新や当ブログに関係のないコメント削除等が
        非常に遅くなり心からお詫び申し上げます。

        今後このようなことがないよう気をつけますので
        これからも「footwear MANIA★」を応援下さいますよう
        お願いたします。
        • MANAGER★
        • 2010/12/08 5:46 PM
        こんにちは

        1500m、5000m走ってる高校生です。

        スパイダーも変わりましたね☆

        僕はシーズン前半
        LTをアップやジョグ、距離走用として履いていました。

        柔らかさと反発のバランスがすごく好きで気に入っていたのですが、
        自分はかかとが細いのでかかとのホールドが弱く感じたのと、ソールの耐久性が…

        という感じでした。
        いまはスペーサーAR履いています。


        全体的に足幅が細いので、フライワイヤーの中足部のホールドが良かったです。

        学生駅伝にもルナスパイダー登場してきましたね。


        選手がどんなシューズを履いているのか
        気になりますよね。
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック