◆Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
        

◆Mono Clip!!

        

◆Categories

◆Archives

◆BlogRanking

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

◆Links

◆Profile

◆Counter


オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters

◆Mobile

qrcode

others

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.02.16 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    FOOTWEARについて語る エア ズーム スピード ゲージ+2

    0
       みなさんこんにちわ。footwear MANIA★3月号です。というくらい更新が遅くなりお待ちいただいている皆様には大変申し訳なく思っております。

       先月末には日本を代表するマラソン大会【東京マラソン2010】が開催され冷たい雨の中35000人以上の方が東京の街の中をそれぞれの思いを込めて走られました。それに先駆け東京マラソンEXPO2010というインベンとも行われランニングに関係するメーカーや出版、また各地の大会事務局、今大会のスポンサーなどのブースが設置され大会を盛り上げていました。私MANAGER★もEXPO2010にお伺いしたりレース当日も沿道に立ってレースを応援させていただいておりました。レース中にはトップ選手たちの足元を見ながら使用状況をチェックしてみたり市民ランナーのみなさんが走られる時間帯にもシューズを拝見させていただいたりと個人的にはレース以外にも楽しめる大会でした。

      本日のシューズは、私MANAGER★的には独自路線を歩み続けているといった印象のNIKEのスピード&トレーニングの定番モデル

      【AIR ZOOM SPEED CAGE +2】

      をチェックしてみたいと思います。

      air zoom speed cage +2 NIKE
       AIR ZOOM SPEED CAGE +2
       386411-101
       メーカー希望小売価格 ¥12,075-
       2010年1月発売モデル
       重量 約220g (片足27.0cm) 
       




       NIKEの軽量トレーニングモデルとして人気のスピードケージ+がモデルチェンジを行いました。フルマラソンで4時間前後のレース用として、また3.5時間以内のランナーのトレーニング用として非常に柔らかいクッションとケージエアの安定性でNIKE Runningの中でも使い勝手のいいシューズとしてお勧めしたいシューズです。

       今回はマイナーチェンジですがアッパーに関してはフルモデルチェンジといってもいいくらいの変更です。今までにはなかった【フライワイヤー】がこのケージ+2にも搭載されました。このフライワイヤーとはベクトランという非常に引っ張り強度の強い繊維を中足部に放射状に張り巡らせその上からウレタンコーティングを施し中足部のホールド性を大幅にアップさせた機能です。フライワイヤーが搭載されたことで接地時の横ブレなどにたいするの安定性が良くなり荷重の移動がよりスムーズに行われるようになるでしょう。前作までのフライワイヤーは中足部内側は通気性の考慮+ウレタンコーティングによるよれ防止の意味もあり下端はメッシュ素材を採用しておりました。ただワイヤーとメッシュのつなぎ目が弱く縫い目から破れることもあり耐久性に関して、またホールド性に関しても若干の?マークもありました。今回のものはその中足部内側がミッドーソールまで伸びよりホールド性がアップしさらに耐久性も良くなりました。これはトレーニング用として使用する場合には長時間の走行に対応する安定感を出すことど耐久性は大事な要素になりますから改良された点として取り上げなければなりません。

       ミッドソールなどは前作とほぼ変わりなく非常に柔らかいクッション性を持ちながらケージエアと呼ばれる鳥かご状のエアクッションで安定性もありクッション性と安定性をうまく両立させています。(前作NIKE AIR ZOOM SPEED CAGE+の記事をご参考にしてみてください。)

       今回のモデルチェンジで私MANAGER★が残念に思った点があります。それは爪先やボール部の補強材の変更です。前作まではエクセーヌという非常に足当たりの柔らかいサンディング加工した補強材を使っていましたが今回のモデルでは人工皮革を使っている点です。これは耐久性を重視した故の変更で同時にコストの軽減にもつながっていると思われます。このクラスのシューズであればやはり足当たりも気になる方が多くおられると思います。実際私MANAGER★は前作であれば25.0cmで良かったのですがこのモデルだと25.5cmを履くことになりそうです。ただしフライワイヤー搭載しながら価格を前作と同じにしていることを思えば中足部ホールドが上がった分爪先に関しては我慢はできるでしょう。

       もう1点はNIKEのレーシングシューズの多くに言えることですがシューレースの先端のところをしっかりフィッティングするとヨレが出てしますことです。2Eラストの私MANAGER★でもヨレてしまいますので当たりが出る可能性もありできればNIKE japanさんに改善をお願いしたい点です。

       いろいろ書きましたがフライワイヤーと補強材を差し引いて考えても価格の据え置きはコストパフォーマンス度アップと捉えていいでしょうし使い勝手の良さ、柔らかなクッションでありながらも安定性も優れるシューズとして前作を買いそびれた私MANAGER★も必ず使用してみたいと考える1足です。

      ブログランキング参加しました♪ Click!お願いしますm(__)m
       にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ


      スポンサーサイト

      0
        • 2012.02.16 Thursday
        • -
        • 15:34
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        ◆VRさん

        いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。
        高校での陸上競技ぜひ頑張ってください! しかし高校で45km走るとは凄いことですね。無理のない範囲で頑張ってください。
        さてシューズですが長い距離に対応するトレーニングを積めばもう少し上級モデルでも走りきれると思いますが、それよりも足の事を考えたシューズの方がいいでしょうね。
        スピードケージでも十分対応できると思いますし日常の練習にもジョッグならば故障がちな足にもやさしく安定もしてくれるのでいいのではないでしょうか。
        ケガの状況がどのようなものかがわからないのではっきりとお答えできませんが逆にもう少しソールを厚くしてもいいかもしれませんね!
        • MANAGER★
        • 2010/05/08 12:15 PM
        こんにちわ。
        僕はこの春高校に入学して怪我などにも苦しんでいますが頑張っています。

        そこでひとつお聞きしたいのですが・・・10月頃競歩大会があり、僕の学校では45キロくらい走ります。そんな距離を一度に走ったことがないので、とても不安です。
        そんなに長い距離になるとシューズも選ぶのが難しいです。

        そこで、クッション性と安定性が高いスピードケージ+2を買おうと思っているのですが、どうでしょうか?
        それとももう少し上級のシューズでも45キロ走れると思いますか?

        また、普段の練習で柔らかすぎるなどと感じることはありますかね?
        • VR
        • 2010/05/03 4:50 PM
        ◆shinさん : いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。お返事遅くなりましたことお許し下さいませ。

        ウェーブライダーで1400kmの走行だとほぼアウトソールが無い状態ではないでしょうか?アウトソールのすり減った状態での走行はバランスの崩れを助長しケガ・故障の可能性が高くなりますのでお気を付け下さいませ。

        ご質問の内容ですとアウトソール外側の接地が気になられているようですが、実は程度にもよりますがシューズは外側から減った方が良いのです。というのも人間の関節の動き方として足が路面に接地する瞬間は踵の外側からになるからです。逆に内側が先に減るようですとオーバープロネーションが強く故障になる可能性が高くなります。また踵の後方からの接地は進行方向に対しブレーキになりますからあまり良い接地ではないと考えます。さらにスピードが上がれば上がるほど接地がつま先寄りになりますからshinさんのように5000m17分台だと前方接地になってきますのでシューズの減り方はそのようになってくるでしょう。

        シューズの選択ですが踵を高くしたタイプのシューズどのシューズの事なのかが予想しにくいのですが、shinさんの持ちタイムやシューズの減り方を考えるとターサーやスペーサーのようなセパレートタイプのレーシングモデルでスピードの出るモデルがお勧めではないでしょうか。またトラックであれば、マラソンソーティマジック系やウェーブクルーズなどのマラソンシューズでもお使いいただけると思います。但しできればレーシング1足ですべてを賄うのではなくジョッグやLSDにはライダーなどの厚いソールのシューズも1足持っておられる方がいいと思います。
        • MANAGER★
        • 2010/04/30 5:25 PM
        はじめまして。こちらにはちょくちょくお邪魔させていただいております。
        僕は走歴半年で、現在、ウエーブライダー10の一足体制で練習しています。
        これから5000mと10000mのトラックレースに出てみたいと思い自分でもいろいろ調べてみたのですが、各社すごい数のモデルが出ており、初心者の自分の選択に自信がもてない状況で、MANAGER★さんの知識をお借りしたく思います。
        僕の足はスクエアトゥで厚みが薄く、土踏まずとかかとは平均的だと思います。今の靴底を見ると、アンダープロネーションかな、とも思います。1400kmほど走って、前後とも内側の減りがほぼ0なので。それと、どうも踵から地面に着地していなくて、足の裏の真ん中やや外側から着地する癖があるようです。
        持ちタイムは5000mで17分半ば、体重軽めです。
        スポーツショップであれこれ試し履きしたときに思ったのですが、かかとを高くしたタイプの靴がどうも苦手な感じがしました。
        不躾ながら、よい候補があれば是非教得ていただきたいと思います。
        • shin
        • 2010/04/29 3:02 AM
        ◆yazzzzさん : 当ブログをご覧いただきありがとうございます。

        NIKEのシューズは全体的に柔らかいものが多く好みの分かれるところなのですが、このケージについてはヒールのケージエアがかなり安定性を感じトレーニングやレースで活躍してくれると思います。さらにフライワイヤー搭載ですので私MANEGAR★も欲しい1足です。
        • MANAGER★
        • 2010/03/20 10:16 PM
        はじめまして、NIKE AIR ZOOM CAGE+2でたどり着きました。今週ランレース用としては初めてのナイキでNIKE AIR ZOOM CAGE+2を購入しました。今日、初のロングラン20km走りましたが、軽さと柔らかさがとてもいい感じで走れました。軽くて柔らかいのですが安定感があるのが気に入りました。
        ◆サイさん
        :いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。フルサブ3.5達成おめでとうございます!!素晴らしい記録で羨ましい限りです。
        ご質問の件ですがアディゼロJAPANでフル完走されたサイさんの走力からすればスカイセンサーJAPANは十分履いていただけるシューズです。ASICSいわく「フルマラソン3時間30分からのシューズ」と開発の人間も言っておりましたのでミッドソールのスピーバの反発性も快適に感じられるのではないでしょうか。

        最近私MANAGER★の実体験からあるデータを収集中です。ちょっと興味深い結果が出そうですのでまとまり次第どこかでお話しできればと思います。
        • MANAGER★
        • 2010/03/12 8:18 PM
        いつも大変楽しく拝見させていただいております。サイです。2月の本命レースでサブ3.5を達成いたしました。今シーズンはアディゼロジャパンでいっております。さて、質問なのですがスカイセンサーjapanに興味をもっています。走力のアップにつき下腿への負担も増している感じで、練習用のゲルフェザーがとてもよく感じます。屈曲性をもたせたアリビオやアディゼロジャパンの本来の特性を出せる走力に近づくほど、その傾向があるようです。そこでフラットソールに興味を持ちました。私の走力でスカイセンサーjapanは履けるものでしょうか?
        • サイ
        • 2010/03/11 11:07 PM
        ◆まるさん
        :はじめまして。当ブログをご覧いただきまたコメントも頂戴しありがとうございます。
        ランニングは続けるほどに楽しさが増してきます。ぜひ長く続けていただきレースなどにもご参加され楽しんでいただきたいと願います。

         さてプーマシューズですが、他社とは全く違う路線でシューズをラインナップしているように思います。ブランドイメージは女性ら非常に高く支持されていますしカラーリングはやはり他社よりもファッショナブルで「カッコ良く走る」「オシャレに走る」を目指すランナーには高い評価です。

         機能としては衝撃吸収の「セル」を搭載していますが他社との比較は非常に難しいですね。サンプルデータが少ないため来月に試履会がありそこに参加予定ですのでPUMAシューズを履いてみてまたお答えしたいと思います。こんなお答えですみませんm(__)m
        • MANAGER★
        • 2010/03/09 10:01 PM
        ◆camposktさん ヒールカウンターさん
        :いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。お二人揃ってニュートンについてのご質問なので一緒にお返事させていただきます。

         ニュートンシューズは「フォアフットストライク」という前足部接地を習得するためのシューズとして昨年あたりから非常に話題のシューズです。フォアフットストライク(前足部接地)のメリットとして接地時間が短くなり路面からの反発を前方向への力に変えやすいため必然的にスピードが上がります。例えば陸上競技の短距離のスパイクの形状は前足部にはグリップと反発を生むためのピンが取り付けられていますがヒール部に関してはほぼ衝撃吸収機能もなくただ形状を安定させるための素材で踵を覆っているだけです。スピードが上がっていくにつれて踵が余り路面に接地しないフォアフットストライクになっていきます。前足部接地の走り方、そのフォアフットストライク走法を自然に体得させようとするためのシューズがこのニュートンなのでしょう。これはニュートンシューズのWEBにもありますように「作用反作用の法則」をシューズに取り入れ自分自身の力を無駄なく使えるように導いてくれます。またアウトソール前足部のアクチュエーターラグという突起構造が衝撃を吸収しながらも「てこの原理」のように後方からの力を前方へと変換してくれると考えられます。

        ここまで書くと文句のつけようのないシューズですがデメリットとして私MANAGER★が個人的な意見としてお話しすると前足部接地が強くなればなるほど足底のアーチ機能としての土踏まずが持つクッション性を生かせなくなるように思います。ですからメーカーサイトの中でもふくらはぎの働きが強くなるので張りや筋肉痛を感じることもありますと書かれています。ふくらはぎの働きとして衝撃吸収と足趾の付け根(中足骨骨頭部)から足趾への荷重移動の踏み返し時にかなり強く働きます。フォアフットストライクではそれがより強くなりますので十分なトレーニングと耐えられるだけの筋力が必要になると思います。

        フルマラソンでピッチで刻んでいく走り方やある程度のスピードがないと筋疲労の方が強く感じ距離に対応できずに後半失速ということもありうると考えます。ですからレベルの高いランナーでやはりサブ3クラスのスピードでフルマラソンを走りきれる方かもしくは短い距離でのスピードトレーニングとしてお使いいただくことがいいのではとアドバイスすることが多いです。私MANAGER★も実際このニュートンシューズを履き15km程ですが走りましたが翌日筋肉痛でした(笑

        レベルや使用シーンが選ばれるシューズではないでしょうか。

        ※長文で分かりにくいかと思いますがお許しくださいませ。
        • MANAGER★
        • 2010/03/09 9:42 PM
        最近ジョギングを始め
        大変参考にしてます。

        プーマのシューズは
        機能的にどうなのでしょうか?見た目はカラフルで好きなのですが
        • まる
        • 2010/03/09 1:43 PM
        camposktさんに便乗で恐縮ですが、私もニュートンに関して、まねーじゃさんのご意見を伺ってみたいです。
        確かお店でも取り扱われていなかったと記憶していますが・・・。
        • ヒールカウンター
        • 2010/03/07 7:58 PM
        MANAGER★殿、毎回参考にさせていただいております。実は今回取り上げられていらっしゃいます「AIR ZOOM SPEED CAGE +2」も、以前のモデル「エアズームカタナ・ケージ3」が自分にとってフィットしたモデルだったので、後継モデルとして購入を検討し試着してみました。ところが、ラストの型が変わってしまい、お店の人もやめたほうがいいとアドバイスされました。
         私は足幅が狭く、一般の日本人向けのサイズでは幅が余ってしまいます。以前のナイキでしたら、それほど問題なくフィットしたのですが、最近のモデルは日本人向けに広くなっているようですね。またアシックスでもスリム・ラスト減少傾向にあり、選べるシューズが限られてしまいなんとも残念です。
         そこでMANAGER★殿に伺いたいのですが、スリムラストのランナー向けにお勧めのシューズがありますか? 
         それともう1点、「SPEED CAGE +2」を試着したお店のひとからニュートンを勧められました。幅が狭めで、3時間30分レベルのレースでも使え、しかも「確実に!タイムが良くなる」と言われました。気持がかなり揺らぎましたが、21,000円という価格がネックとなったことと、レース用のシューズは購入したばかり(ニューバランスRC1225)だったので、今回は断念しました。MANAGER★殿はニュートンをどのように評価されておられますか
        • camposkt
        • 2010/03/07 6:38 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック