◆Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
        

◆Mono Clip!!

        

◆Categories

◆Archives

◆BlogRanking

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

◆Links

◆Profile

◆Counter


オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters

◆Mobile

qrcode

others

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.02.16 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    FOOTWEARについて語る ASICS ターサーブリッツCA

    0
       みなさんこんばんわ。早くも11月になりました。市民ランナーのみなさんはレースシーズン真っ盛りで全国あちらこちらでマラソンを楽しんでおられることでしょう。一方学生や実業団の競技者と呼ばれる方々は年末年始に控える全国大会に向け予選の真っ最中ではないでしょうか。本日は全日本大学駅伝が開催されましたし、私MANAGER★も10月上旬には西日本の高校生の大会「日本海駅伝・くらよし女子駅伝」や「第86回東京箱根間往復大学駅伝」いわゆる箱根駅伝の予選会、また新潟の実業団チームへの訪問と駅伝シーズン到来にワクワクしております。

       そんなマラソン・駅伝の秋に発売されたASICSが誇るレーシングシューズの最新作

      【ASICS ターサーブリッツCA】

      について本日はお届けします。


      AISCS TARTHER BLITS CA ASICS
       ターサーブリッツCA
       TJR028-0194
       メーカー希望小売価格 ¥14,175-
       2009年10月発売モデル
       重量 約105g(片足27.0cm)


       マラソンランナーの憧れであるターサーシリーズに新しい仲間が加わりました。現在各シューズメーカーは「オーバープロネーション」や「ニュートラル」などのセグメントで足関節の動きに対応したモデルが数多く発売されています。その最も代表的なものがASICSのベストセラーモデル【GT2000NEWYORK】シリーズや【GELカヤノ】シリーズです。ミッドソールヒール部内側に「デュオマックス」と呼ばれる機能を搭載しオーバープロネーション(過回内)を抑制し足関節の負担を軽減しています。

       ただこのオーバープロネーション対策機能は今までレーシングモデルには搭載されず、いわゆるランニングシューズと呼ばれるミッドソールの厚みのあるものだけの機能として認識されてきました。これはレーシングモデルを履くようなレベルの方は当然スピードも高く、スピードが上がれば踵接地というよりもミッドフット〜フォアフット接地になりますので重量的に重くなる素材をつけることを敬遠していたのではと考えます。しかし全くヒールコンタクトがないかといえばそうではありません。なのでそこにASICSは目をつけ「オーバープロネーション対応ターサー」として今回この【ターサーブリッツCA】を発売したのではないでしょうか。

       このターサーブリッツCAは同時に発売になった「ターサーゲイル」の兄弟モデルといえるでしょう。基本の素材、ミッドソール、ラストなどは共通しており唯一最大の違いがヒールカウンターの内側を包むようにミッドソールと一体化した【レーシングスタビリティ構造】を搭載している点です。このレーシングスタビリティ構造は以前にマラソンソーティマジックTENKAに搭載されたモノコックヒールカウンターの内側部だけを補強したものでヒール部の安定、特にオーバープロネーションに対しての効果を発揮するものと考えます。また外側は補強材を中足部にまで延長しホールド感を高め安定性のアップを図っています。

       実際に足を通して見た印象としては、やはり踵内側が非常にしっかりした印象が残ります。もともとヒールカップのホールドにはやや甘さがあると感じていたので、左右に対するブレの軽減は感じられそうです。中足部のホールド感のアップ、またスプリングミッドソールから得られる反発はそのままですのでより高速走行でも安心できるターサーとなったのではないでしょうか。

       アーチが低目、オーバープロネーションの傾向が強い、そんな陸上競技者やタイムを追及する市民アスリートにぜひお勧めしたい1足です。

      ブログランキング参加しました♪ Click!お願いしますm(__)m
       にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ


      スポンサーサイト

      0
        • 2012.02.16 Thursday
        • -
        • 20:20
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        ◆ハャードルさん

        :いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。
        お返事遅くなりすみません。

        スプリングミッドソールとは?
        ハャードルさんの読み通りセパレートソールに関してのASICSの機能です。
        ASICS以外のセパレートソールのシューズは中足部の落ち込みを防ぐためシャンクという硬い素材で前後の橋渡しをしています。そのシャンクが足のアーチの過剰な落ち込みを防ぎ安定性の向上と疲労の軽減が期待できます。この手法がセパレートソールには一般的なのですがアシックスはそのアーチの動きを逆に利用するように柔らかく戻りの早い素材をシャンクに使用しています。そうすることでアーチが沈み込むとシャンクも沈み、元に戻ろうとする力を足に伝え前方向への力に変えていきます。バネが縮んで伸びる動きをミッドソールに持たせたものが「スプリングミッドソール」と呼ばれるものです。

        アシックスが反発性が良いと言われる理由はここにあるのではないでしょうか!
        • MANAGER★
        • 2010/10/24 9:29 PM
        お久しぶりです!


        少し教えて欲しいのですが…

        アシックスのターサーやライトレーサーでスプリングミッドソールって言葉を聞くのですが…

        反発力が強そうに聞こえるのですが…どういう意味ですか?

        セパレートソールに意味がありそうですけど、ウェーブスペーサーやアディゼロジャパンでも似た様な力があるのでしょうか?
        • ハャードル
        • 2010/10/19 1:43 AM
        ◆camposktさん : いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

        シューズの耐久性に関してですが、1000kmというと一部のシューズを除いてはなかなかもたないのが現状ではないでしょうか。特にシューズの軽量が進むにつれ耐久性は低くなりますのでNIKEのケージクラスであれば500kmくらいではないかと考えます。一般的にはアウトソールのラバーが消耗しミッドソールが見えてきた段階で交換をお勧めしています。またアウトソールが減っていなくてもミッドソールのクッション性が落ちている場合がありますのでやはり1000km位で交換される方がいいのでしょうね。

        インソールに関してはいろいろな考え方があるとは思いますが、ノーマルのソールはあくまでも「中敷き」くらいの意味しかないと思っています。スーパーフィートさんのヒールカップは非常に評価が高く踵の安定感はいいでしょうね。アーチサポートについてはちょっと硬めの印象でサポートの強さがかえって気になる方もおられるようです。これは好みにもよる部分ですので一概には言えませんが。MANAGER★のショップはオリジナルインソールを製作しておりますので他社のソールにはちょっとコメントしずらいの部分がありこのくらいでご勘弁を(^^;
        • MANAGER★
        • 2009/12/18 7:27 PM
        MANAGER★殿、過日はシューズアドバイスをいただき、ありがとうございました。早速アドバイスに従って、レース用にニューバランスRC1225を、LSD用にニューバランス769Jを購入しました。
        今回はシューズ選びとは別に相談があります。現在ペース走用にエアズーム・カタナ・ケージ3を使用していますが、ソールのかかと部分で一番上層部の黒いゴムが磨耗し一層下の別色のソールが見えるようになってきました。また底の中央付近にある点型のゴムもなくなりかけています。このシューズで約550キロほど走りました。一説にはランニングシューズの寿命は1000キロぐらいとありましたが、そろそろ交換の時期でしょうか?
        あともう1点の質問ですが、中敷にスーパーフィートを入れています。同僚のランナーから「買ったままの中敷をそのまま使用している人はいない」と、スーパーフィートを推薦されました。効果のほどは不明ですが、私としては堅さと足入れの浅さが少し気になります。MANAGER★殿はスーパーフィートについてどのようなお考えをお持ちでしょうか。
        • camposkt
        • 2009/12/14 12:13 PM
        ◆たけしさん : いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。シューズ選びは本当に難しいものですね。

         ご質問の件ですがADIZEROエイジ・MANA4ともオーバープロネーター向きの機能を搭載しております。エイジの場合はラストの中足部の絞り込み+アウトソール中足部の内側のフラット化、マナ4の場合はヒール内側と母趾球下にセカンドデンシティEVAと呼ばれる硬度の高い素材を使用しオーバープロネーション対策を行っています。一般的には扁平足の場合オーバープロネーションが起こりやすいのでこれらのシューズはたけしさんには向いていると思われます。

         実際には静止時の接地状態や動きの中での関節の動き方など足型測定を行われるといいですね。静止時と運動時では逆の結果が起きる場合もありますから。

         シューズ選びのポイントはフィッティング・使用目的や走力レベルにあったもの・オーバープロネーターなのかニュートラルなのかなどと言った足の個性・各メーカーの特徴、と色々あります。これらをすべて把握することは難しいですが出来るだけ多くの自分の足の情報を持って選ばれることをお勧めします。

        • MANAGER★
        • 2009/12/14 11:48 AM
        いつも参考にさせてもらってます!

        すいません、記事とは関係がないのですが、どうしても聞きたいことがあり、コメントさせてもらいました!

        僕は扁平足なんですが、最近練習中に膝外が痛くなり始めました。
        シューズはアディゼロのエイジとマナ4です。
        扁平足にも向いてるのでしょうか?
        それと靴選びの際のポイントと等教えて頂けると嬉しいです!
        • たけし
        • 2009/12/13 3:18 PM
        ◆ランナーさん : コメントいただきありがとうございます。オーバープロネーション対策シューズが邪魔をしているというのが結構あります。ご自身がオーバープロネーターではない場合は対策のないモデルのほうがいいでしょうね。

         オーバープロネーション対策は各社、内側のミッドソールに機能が搭載されています。たとえばASICSのGT−NEWYORKシリーズの場合ミッドソール内側のグレーの部分(デュオマックス)がそれにあたります。NIKEやADIDASも内側のミッドソールに高度の違う素材が搭載されています。またMIZUNOはウェーブの内外の高さの違いで内が高いウェーブ(ファンシェイプドウェーブ)を採用しています。

         ただご注意いただきたいのがオーバープロネーションを起こしているかどうかを実際に測定などを行っていただき確認してからのほうがいいでしょうね。
        • MANAGER★
        • 2009/12/07 7:43 PM
        今、GT2140を履いて練習しているんですが、オーバープロネーション対策のせいか分かりませんが、足の外側の筋肉に疲労がたまり、走りにくい気がします
        自分はオーバープロネーション対策がないシューズを選んだ方がいいですか?

        またシューズを選ぶ時にオーバープロネーション対策があるか判断する方法はありますか?
        • ランナー
        • 2009/12/05 10:46 AM
        ◆びでおさん : いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。またコメントもいただきありがとうございます。お返事遅くなり申し訳ありません。

         耐久性や軽量性は私MANAGER★の感じではターサーブリッツの方があるように思います。スピードスパイダーLT+は非常に柔らかなクッション性と中足部のフライワイヤーによるホールド性が特徴です。ただこれは好みの分かれるところです。大学の陸上部の選手たちにも最近使われることが多く箱根を走る想定で20kmの距離にはクッション性も必要という選手もおられます。硬めが好みであればターサー、クッション性を優先するならスピードスパイダーになるでしょうね。
        • MANAGER★
        • 2009/11/29 10:01 PM
        ◆レーサーさん : いつもご覧いただきありがとうございます。コメント遅くなりすみません。

         ターサーブリッツですがミッドソールはターサーゲイルと共通ですのでそれほど硬さを感じることはないと思いますがヒールカウンター内側のレーシングスタビリティが横の動きに対しての支えになっていますので今までとは違った当たりのようなものを感じるかもしれませんね。

         スカイセンサーJAPAN v−Aはミッドソールヒール部に搭載されているウェーブサスペンションという機能が安定性を重視しながらレスポンスの早さを求めているため少々接地時に硬さを感じるのでしょう。クッション性が劣ったというよりも、よりハイスピードに対応しているという解釈の方がいいのではないでしょうか
        • MANAGER★
        • 2009/11/29 9:53 PM
        エアズームスピードスパイダーLT+とターサーブリッツで迷っています。

        部活用なんですがどちらが耐久性や軽量性があるんでしょうか?
        • びでお
        • 2009/11/22 1:07 PM
        ターサーブリッツ安定性が良さそうですね。
        少し硬く感じないのでしょうか・・・

        僕は、スカイセンサージャパンVAを履いていますが、VAはなんだか普通のスカイセンサージャパンよりソールが硬く感じます。
        VAは安定性が向上してクッション性は劣ったのでしょうか・・・
        • レーサー
        • 2009/11/21 3:24 PM
        ◆サイさん : 早速ブリッツで走られているんですね。私MANAGER★もシューズ好きが高じて今の仕事にたどり着きました。新製品が出ると履いて感触を確かめたくなる衝動に駆られます。

        お客様の中には自分がこれと思ったシューズをずっと掃き続けるタイプの方と、いろんなシューズを履いてみられる方といらっしゃいます。

        後者に当てはまれば確実に諭吉様が大勢必要になりますよね。
        • MANAGER★
        • 2009/11/16 11:08 PM
        今回もご丁寧なご回答ありがとう御座います。とても参考になります。さっそく、ブリッツを購入、15km程試走しました。やはり内踝と足底に痛みが生じました。アリビオのような柔らかなクッションが私の足には良いようです。懲りずに今度はゲイルをと思っています。実際走って見ないとわからないので、新作が出るたびに興味がわいて諭吉が飛んで行きます。アディゼロジャパンも初めて先日のフルで使用しました。大きな問題もなく、自己ベストもだせましたが、しばらくたって足のダメージからはアリビオの方が良かったような気がしてまた、アシックスにと練習よりもシューズに目がいってしまいます。
        • サイ
        • 2009/11/14 3:07 PM
        ◆camposktさん : いつもご覧いただきありがとうございます。選択肢の中のシューズはほぼオーバープロネーターに向けたシューズですからどれをチョイスしていただいても大丈夫だとは思いますが、好みもありますのでズバリとお答えしにくいところでもあります。

         camposktさんのオーバープロネーションが強いようであればレース用として目標タイムから言うとRC1225の方がよりセーフティな感じがします。アウトソールもターサーの樹脂と比べラバーですのである程度のクッション性も感じられるでしょう。ペース走用では接地感の好みでしっかりとした接地感であればエイジ、ソフトなクッションを必要とされるのであればフェザーになります。ただフェザーはどちらかというとニュートラルのシューズですからエイジのほうがいいのではないでしょうか。JOG用はお好みで選ばれても問題ないでしょう。ただしルナグライドは相当柔らかいので好みが分かれるところです。

        最後にひとつお願いがあります。MANAGER★様と呼ばれる程の人物ではございませんので【様】は外していただき、お気軽に『MANAGER★』とお呼びいただければと思います(^^)v
        • MANAGER★
        • 2009/11/13 8:15 PM
        ◆猫好きランナーさん : いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。またコメントも頂戴しありがとうございます。

         非常に走力レベルの高い方からのお問い合わせには返事に悩みます。メーカーサイドの話からするとソーティマジックなどのマラソンシューズと呼ばれるエキスパートモデルは基本的には短い距離のロードレース及び駅伝がターゲットになっています。3min/km前後のペースで走り続けられる距離となると10kmでは35分以内、ハーフでは70分以内、フルマラソンなら2:30以内くらいのタイムが必要になるのではと考えます。昨年の福岡国際で2:35前後で走られた方も「ソーティではちょっとキツイ」というお話も聞いておりますのでやはりターサーの方が安心感もあるのではないかと思います。

         同じターサーJAPANでもv−Aの方が接地感もやや硬く安定もしており荷重の移動でもミッドソールのレスポンスが早いのでスピードとしてはアップするのではないでしょうか。

         箱根を走る選手たちも20km以上の距離ではクッション性を重視しています。ウェーブクルーズを使う選手が多いのはこういった理由からでしょうね。
        • MANAGER★
        • 2009/11/13 7:37 PM
        MANAGER★様 ご多忙の中、大変ご丁寧かつ的確なアドバイスをありがとうございました。ターサーブリッツをはじめ、現物を手にとりながら各ランクの候補シューズ巡りをしています。
        MANAGER★様をはじめとする数名の方のアドバイスや履き心地、デザインなどをチェックして以下のように絞込みました。
        ・レース用(目標タイム:3時間30分。オーバープロネーション対応で細めのシューズ)
        ニューバランスRC1225、ターサーブリッツCA
        ・ペース走練習用(km/5:00前後・30キロ〜35キロ)アディゼロエイジ、ゲルフェザー
        ジョグ、LSD用(Km/6:00〜7:00、10キロ〜20キロ)ニューランスMR769J、ルナグライド、ズームストラクチャートライアックス12、アディスーパーノバグライド
        上記の候補でMANAGER★様がご推薦の1足があれば、急ぎませんのでご指南いただけますでしょうか? よろしくお願いいたします。
        • camposkt
        • 2009/11/13 9:58 AM
        いつも大変参考にさせていただいています。シューズ選びって本当に難しいものですよね。どんどん新しいものもでてくると余計にですね。そこで、12月のフルマラソンで何をはいたらいいかかなり悩んでいます。2回フル完走で2時間43分ぐらいがベストです。この『ターサーブリッツCA』も候補のひとつですが、『ターサーJAPAN』で走るかそれよりもランクアップして『ソーティー』系で走るかですね。『ソーティマジックNX』『ソーティスーパーマジック2』なんかもいいのかなぁとか考えているんですが、そこまで底が薄くなると大丈夫なのか、少し不安にもなります。フォアフット接地なので、かかとが薄い分は問題ないのかもしれませんが、そのへんとかどうなんでしょうかね?練習は7月から10月までは月間700以上毎月走ってきたので、それも踏まえてアドバイスいただけたら幸いです。よろしくお願いします。
        • 猫好きランナー
        • 2009/11/13 1:43 AM
        ◆non8さん : いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。またコメント頂戴しありがとうございます。
        今回のターサーブリッツCA搭載のレーシングスタビリティ構造はオーバープロネーション自体を抑制すると言うよりも踵骨の安定性を上げプロネーションに対して影響を与えようとした作りではないかと考えています。ランニング時にはスピードを上げることで接地ポジションが、踵接地→→ミッドフット接地→→フォアフット接地と変化をしていきます。ターサーレベルのシューズであれば設定タイムは4min/kmくらいですからミッドフットからフォアフットなるのではないでしょうか。ですからデュオマックスのように踵内側に硬いものを入れなくても踵骨を安定させることでプロネーションに対応できると考えているのでしょう。ただし、このシューズでも明らかなヒールストライクであればデュオマックスのような安定感は期待できないのではないでしょうか。
        • MANAGER★
        • 2009/11/09 7:19 PM
        いつも拝見させて頂いていますm(__)m
        今回のシューズが気になったので初めてコメントさせて頂きます。ちなみに私のレベルですがフルはサブフォー、ハーフは95分程度で、Run歴は来月で一年です。最初の頃〜半年前まではスカイセンサーを履き練習し、初フルマラソンもスカイセンサーで走ったのですが、終わってから少し経つと膝に痛みが走りました。。しばらく痛いまま走っていたのですが、一向に治らないのでまず医者に行き、次にスポーツショップにて相談し靴を見てもらったところ、かなり磨り減っているということで買い換えることになりました。買い換えの際に足を見てもらったのですが、足首の角度が内側に向かってキツいということで、膝が痛くなっているのではないか?と言われ、大事をもって靴をプロネーション対応のGEL DSトレーナーに変えました。それ以後少し痛みましたが、徐々に消えていきました。今はDSも一度履き潰し、二足目なのですが、頭の中には『ハーフはスピードを上げたいのでターサーにレベルアップして履きたい』という思いがずっとあります(>_<)(DSも良いシューズなのですが…)
        そこで、今回のシューズなのですが今私の履いているDSトレーナーと比較するとプロネーション対応力はどれ程あるものなのでしょうか?教えて頂けないでしょうかm(__)m
        素人な質問で申し訳ありません(^_^;)
        よろしくお願いします
        • non8
        • 2009/11/08 12:08 AM
        ◆camposktさん : いつも当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。

         まずはcamposktさんの足型や関節の動き方、接地バランス、動的荷重の掛かり方など実際に拝見させていただいていないのでオーバープロネーターの方にという前提で書いてみます。

         ルナレーサーに採用されているルナフォームは非常に柔らかく高いクッション性を発揮するのですがスピードが徐々に上がるにつれての反発性能・安定性能が低下するのではないかと考えています。反発性とは路面にアウトソールが接地してからミッドソールが沈み込み元に戻ろうとする力でルナフォームの場合その間の時間が長くなりいわゆるレスポンスが悪いと感じてしまうのではないでしょうか?またその時間が長いということは安定性にも影響すると考えています。ですからマラソンシューズと呼ばれるものはミッドソールも薄く硬くし沈み込みを小さく元に戻る時間を短くして力の伝達効率を高くしようとしています。ですからマラソンシューズは硬いという印象を受けると思います。ということを考えるとオーバープロネーターのように足関節が不安定な動きをする場合は比較的硬めのミッドソールがいいのではないでしょうか。

         フルで3:30であれば私MANAGER★レース用としてはターサー等もお勧めしています。スプリングミッドソールと呼ばれている機能はクッションもありながら反発に変える動きをしています。シューズの力を借りながら走ることができるので意外と楽に走れてしまうかもしれませんね。

         できれば一度測定結果などを拝見できればいいですね。
        • MANAGER★
        • 2009/11/06 8:59 PM
        ◆サイさん : いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

         ターサーゲイルは内側のASICSラインがアリビオよりやや後方にありますので母趾球横の当たりが気になる方なら解消されるのではないかと思います。補強に関しては大きな差はなさそうですし、ミッドソール・アウトソールは共通ですのでアリビオと同じ感覚で履いていただけるのではないでしょうか。

         ターサーブリッツCAは私MANAGER★の感覚ではGTなどのデュオマックスとは違いプロネーション自体を防ぐというよりも踵骨の安定感を上げるといった感じですので突き上げのような不快感はありません。

         シューズも日々進化していきますので選択に悩むことが増えそうですね。
        • MANAGER★
        • 2009/11/06 8:23 PM
        MANAGER★様、いつも鋭いシューズ批評をありがとうございます。大変参考になります。今回取り上げておられます「ターサー ブリッツCA」に興味をもちました。私はオーバープロネーターですが、レース用に「ルナレーサー」練習用に「エアズームカタナ・ケージ3」というニュートラルタイプのシューズを使っています。また計測したところ足の甲が低い「スリムタイプ」の足ですので、ナイキやアディダスのような細目のシューズが合うとのことで、ナイキのシューズです。以前レース用にと「ターサーRSアリビオ」を購入しましたが、自分の実力ではまだ無理かなと思って、使っていません。
        そこでMANAGER★様にお尋ねします。このまま上記の2つのシューズを使用していても問題ありませんでしょうか?もしコントロールタイプに変更したほうがいいのならば、ご推薦のシューズを挙げていただけますでしょうか。
        参考までにフルのタイムは3時間30分程度で、練習では週末に30キロから35キロをkm/5分から5分20秒で走ります。レース用、練習用、LSD用の3種類を使い分けてそれぞれを購入しようかと考えております。
        お忙しい中、厚かましいお願いですが、よろしくお願いいたします。
        • camposkt
        • 2009/11/04 10:11 PM
        前回はご丁寧な回答ありがとございました。サイです。ターサーも複雑になってきたようで、僕もアディゼロジャパンでこれから行こうと思っていたのがまた迷ってきました。僕は偏平足で測定でもプロネーションもあるのですが、GTニューヨークは余計に内踝が痛くなり、むしろアリビオでは何も起こらない変な足です。ブリッツやゲイルも興味あるのですが、これらはどんな感じですか?踵内側がしっかりしているブリッツはニューヨークと同じ感じになりそうですし、ゲイルもアッパーの支えの形状がアリビオと違っていてなんてと悩んでいます。また、お時間あればお教えいただければ幸いです。

        • サイ
        • 2009/11/04 1:48 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック