◆Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
        

◆Mono Clip!!

        

◆Categories

◆Archives

◆BlogRanking

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

◆Links

◆Profile

◆Counter


オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters

◆Mobile

qrcode

others

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.02.16 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    FOOTWEARについて語る MIZUNO ウェーブクルーズWT-D1

    0
       みなさんこんばんわ 本当に久しぶりの更新になります。このような個人的趣味で一方的に語るブログをお待ちいただいていた方もいらっしゃるかとは思いますが本当にお待たせいたしました。

       このブログを更新していない間にいろんな出来事がありました。まず【東京マラソン2010】の申し込みから締め切りまで(1ヶ月)。その期間中には世界陸上もありました。一昨日私MANAGER★は秋のロードシーズン・駅伝シーズンの開幕戦となる高校駅伝の大会「日本海駅伝・くらよし女子駅伝」にお伺いし今年の選手たちのシューズの使用ブランドのシェアなどをチェックしながら観戦してきました。高校生の女子ではやはり圧倒的に「ASICS」のシェアが高く、男子になると「MIZUNO」が盛り返しを見せ40%くらいのシェアになります。男子の場合その他のブランドもありその中でも世界陸上でイエローシューズで目立っていた「ADIDAS」を試合に使う選手も出てきています。これから始まる都大路や箱根駅伝本戦への切符をかけたレースでの使用状況が楽しみです。

       さて本日は男子学生選手に非常に人気の「MIZUNO」が発売した新製品

      【ミズノ ウェーブ クルーズ WT−D1】

      についていろいろチェックしてみましょう。

      MIZUNO WAVE CRUISE WT-D1 MIZUNO
       ウェーブクルーズWT-D1
       8KR90127
       メーカー希望小売価格 ¥13,650-
       2009年7月発売モデル
       重量 約165g(片足27.0cm)


       私MANAGER★のショップにも箱根を走る選手がいらっしゃるのですが彼は高校生の時からミズノシューズを愛用しています。特に反発性と安定性が兼ね備わったモデルのウェーブクルーズが好みのようです。そのウェーブクルーズのミズノ内でのポジションとしてはクッション性重視でどちらかというと長めの距離用として位置されています。ですから大学駅伝の距離であれば(箱根なら20km以上ありますから)スピード重視として発売しているウェーブEKIDENシリーズよりも重宝されるのです。

       そんなクッション性重視のクルーズですが当然スピードは3min/km位ですから薄く軽くしかもグリップを求められますのでアウトソール前足部には「G3ソール」と呼ばれる樹脂製の突起物の付いたソールが採用されています。その部分はやはり樹脂を使用しているため非常に硬く感じるので距離が延びれば延びるほど足底の負担も増えるのです。そこでアウトソール前足部を硬めの「G3ソール」からラバーアウトソールに変更し、またそのトレッドパターン(溝の配置)をウェット(濡れた路面)でもグリップするように考えられたのがこのウェーブクルーズWT−D1の特徴です。

       車のレーシングタイヤでも雨のレースではグリップ+排水の役割を果たすトレッド入りのタイヤを使うのですがその原理と同じ事をシューズにも採用したのです。またラバーアウトソールにすることで柔らかさが増して長距離走行に対してもクッション性を確保できるといったことでより使いやすくなっています。今年の箱根駅伝でミズノユーザーの代表的な選手(早稲田大竹澤選手・東海大佐藤選手)も良く見るとアウトソールはこのクルーズWT−D1と同じようなタイプを使っています。(もちろんアウトソールの素材や硬度は違いますが)

       またこのシューズはレースシューズ入門タイプとしての役割もあり、履きやすさ+耐久性にも目を向け学生競技者にとって使いやすいようにしています。補強もコーティングされた銀付き補強、ミッドソールもやや耐久性を上げているように感じます。クルーズGJとWT−D1は同じ形状のものですがWT−D1に関してはヒール部のグレーの部分がやや硬く感じます。(メーカーは同じだといっていますが)

       実際足を通して見るとやはりソールの柔らかさの違いがすぐに感じます。アッパーの素材の違いや補強材の違いでクルーズGJよりはフィット感に関してはやや劣りますが全く問題ないホールド感が得られます。ですから競技入門用としてまた雨天のレース用として陸上競技者と呼ばれる人が履けば使いやすい1足となるのではないでしょうか。

       私MANAGER★が履けば・・・もちろんすぐに足が痛くなるでしょう(^^;

      ブログランキング参加しました♪ Click!お願いしますm(__)m
       にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ  にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

      スポンサーサイト

      0
        • 2012.02.16 Thursday
        • -
        • 19:48
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        MANAGER★さん、ありがとうございます。

        クルーズかスパイダーを履き比べてあう方を選ぼうと思います。
        • じゅんや
        • 2010/01/04 9:00 AM
        ◆じゅんやさん : あけましておめでとうございます。

        今年もfootwear MANIA★をよろしくお願いいたします。

        お返事遅くなりすみません。高校一年生であればこれからどんどんとスピードもついてタイムも伸びてくる時ですね。ぜひ頑張って15分台・14分台を達成してください。

        ところでシューズですがロードメインであれば最近の傾向としてクッション性を重視される選手が多く、特に今回の箱根(往路のみですが)でもアウトソールにラバーを使ったミズノのスペシャルオーダーシューズやNIKEのスピードスパイダーRを結構見かけました。ただトラックも含めてのチョイスになるとやや硬めのほうがタイムも狙えるかと思いますのでソーティスーパーマジックなども選択範囲に含まれるでしょう。基本ピッチであればクッションを重視しスパイダーR、接地時間の短い走りであれば反発性を重視でソーティスーパーマジック。
        後はじゅんやさんのフィッティングの感覚でお選びいただければいいのではないでしょうか!?
        • MANAGER★
        • 2010/01/03 12:38 AM
        MANAGER☆さん、ありがとうございます。

        僕は高1で、中長距離をやっています。

        今シーズン半ばまでは800mをやっていましたが、新人戦からは5000mに転向しました。

        それで、お年玉でマラシューを買おうと思っていて迷っています。


        身長は170cm、体重53kg

        ややピッチ走法で、接地は軽いです。

        800mのベストは2分3秒ですが、5000mはまだ16分24秒です。

        スピードは自信あります。

        足型はEです。

        トラックレースでの使用も考えています。

        いまはスパイダーあたりに目を付けているのですが…

        どんなマラシューがあうでしょうか?
        • じゅんや
        • 2009/12/30 8:29 AM
        ◆じゅんやさん : いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。お返事遅くなり申し訳ありありません。ウェーブクルーズを履いておられたとのことですので競技として陸上をやっておられるのでしょうね。

         ASICSのマラソンソーティスーパーマジックはクルーズに比べてやや硬めの印象があります。MIZUNOの場合距離短めのスピード重視であればウェーブエキデン、クッション性重視であればウェーブクルーズといった感じでラインナップされています。ASICSの場合は前者がスーパーマジック、後者がソーティJAPANに対応しているのではないでしょうか。

         高校駅伝のように最長10kmであればスーパーマジックでも十分でしょうが大学駅伝のように20kmを超えるような距離では足の負担が大きくなることもありウェーブクルーズの人気が高いのではと思います。

         私ANAGER★は例年お正月には箱根駅伝出場選手たちの足元を注目しながら観戦しています。じゅんやさんもちょと気にかけてみられても面白いと思いますよ。
        • MANAGER★
        • 2009/12/29 11:19 AM
        こんばんは!

        更新いつも楽しみにしています!


        クルーズは僕も一時期履いていた時期がありましたよ。

        クッション性が高くて、好きでしたが、足形があっていなくて履きつぶしてからは違うマラシューを履いています。

        僕はソーティスーパーマジックが気になっています。

        MANAGER★さんはスーパーマジックにはどのような印象をもっていらっしゃるのでしょうか?
        • じゅんや
        • 2009/12/23 9:05 PM
        ◆レーサーさん : いつもご覧いただきありがとございます。ウェーブスペーサーGL−Jは前作のGL2からの変更点がいくつかあります。まずフィッティングに影響を与えるラストの変更です。前作までのラストはつま先部は形状をラウンドさせることでゆとりを持たせておりましたが、今回のモデルから少しシャープになり前足部の遊びを少なくしました。これによりスピードランナーの好むタイトなフィット感を実現しています。これはスケールダウンモデルのウェーブスペーサーARにも共通しております。
         またミッドソールが今まではApミッドソールと呼ばれる素材を採用しておりましたがApプラスミッドソールという反発性10%アップ・耐久性2倍のものに変更。さらにアウトソールの意匠変更を行いよりグリップ力をアップさせています。

         スカイセンサージャパンVAはヒールコンタクトの硬さは確かに感じます。ただミッドソールの厚さやクッション性などはウェーブスペーサーGL−Jの方が薄く硬く感じると思われます。スカイセンサージャパンVAよりもさらにアッパーレベルではないでしょうか?ソフトなクッション性をお好みであれば
        ウェーブスペーサーARの方がいいでしょうね。
        • MANAGER★
        • 2009/12/14 11:28 AM
        すみません。
        ウェーブスペーサーと間違えました。

        ボケていてすみません。
        • レーサー
        • 2009/12/12 6:18 PM
        ウェーブクルーズGL−Jは
        前作のGL2と比べて具体的には
        どう変わったのでしょうか?


        また、
        今はスカイセンサージャパンV-Aを
        履いてますが、硬く感じていて、
        故障をしてしまいました。

        ウェーブクルーズの安定性とクッション性なら故障のリスクは減るでしょうか・・・?
        • レーサー
        • 2009/12/12 6:16 PM
        ◆レーサーさん : いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

         ウェーブスペーサーARはRSシリーズの後継モデルでGL2の後継モデルGL−Jが1月に発売になります。GL−Jはグリップ性・反発性がともにアップ、さらにラスト変更によりフィッティングも上がっていますので楽しみにお待ち下さい。
        • MANAGER★
        • 2009/11/20 11:36 AM
        新しくウェーブスペーサーARが出ましたよね!

        僕的にはウェーブスペーサーGL2のほうが
        良さそうなのですが・・・クッション性や耐久性がARのほうがいいそうですね。


        マネージャーさんはどんな感想ですか?
        • レーサー
        • 2009/11/17 6:23 PM
        ◆takeさん : コメント遅くなりましたことお許し下さいませ。

         ウェーブスペーサーは私MANAGER★も現在使用しておりお気に入りの1足です。さらなる記録も狙っていただけるよう応援しております。

         またいつでもコメントいただければと幸いです。
        • MANAGER★
        • 2009/11/12 6:23 PM
        こんばんは。
        アドバイスをしていただき有難う御座いました。

        お店でターサーとウェーブスペーサーで迷いましたが
        今回はウェーブスペーサーにしました。

        土砂のコースを走ってみた感想は、軽い。クッションが予想以上にある。
        フィット感が素晴らしい。グリップが良く今までよりも少ない
        キッ力クでペースを維持できました。
        また着地して蹴るまでの動作時間が速くなりピッチ数も上がりました。

        1km X 6  200m X 8 のインターバル後に少し休憩して
        5000mのTTをしたところ多少疲労があるにも関わらず
        土砂コースのベストを13秒も更新してしまいました。

        今後また、靴のことで迷ったりした時はご指導宜しくお願いします。
        • take
        • 2009/11/09 9:21 PM
        ◆takeさん : 当ブログをご覧いただき誠にありがとうございます。またコメントも頂戴しありがとうございます。お返事遅くなりました事お許しくださいませ。

         土のグランドは舗装路に比べ衝撃も少ないのでシューズの選択で薄めのマラソンシューズをお使いいただくことも可能かと思います。また土では滑りやすいという点でグリップを上げることも必要になるでしょう。ただ衝撃が小さくなるとはいえ足の負担はそれなりに大きいと思いますので一気にクルーズのようなものではなく、ターサーやウェーブスペーサー、アディゼロJAPAN、エアズームスピードスパイダーなどのレーシングモデルでなおかつアウトソールにグリップ素材が施されているものの方が足には優しくスピード強化にも対応できるのではないでしょうか。

         takeさんのタイムを拝見するとかなりのスピードを持っていらっしゃるので3:00〜3:30/kmであればBRではレスポンスが遅いと感じてしまうかもしれませんね。

        • MANAGER★
        • 2009/11/01 7:30 PM
        はじめまして。
        検索していて偶然このサイトを見つけました。

        以前アスファルトでガンガン走っていて膝などをたびたび故障してしまい
        1年前から1周450mジャストの土に砂が混じっているコースで練習しています。
        そこでお聞きしたいのですが、
        キロ3分後半〜6分くらいまではウエーブエリクサかアディゼロテンポ。
        キロ3分前半〜3分半くらいまではアディゼロBR。
        土のグラウンドだと膝などの心配はほとんどないのですが、足が滑って抜けまくり
        また、脛やふくらはぎあたりの疲労が激しいです。
        土のコースでインターバルなどのスピード練習では、
        ウェーブクルーズなどのレース用のシューズがいいのでしょうか?
        もういい年なので足腰に心配がありセーフティーな靴で練習している次第です。

        48歳 170/52kg
        10km 36分30秒
        20km 75分23秒

        不躾な質問ですが、回答をいただけたら嬉しく思います。上記、よろしくお願いいたします。
        • take
        • 2009/10/26 7:52 PM
        そうなんですよ。やはり5000mでスパイクは何か怖くて。
        参考になりました。ありがとうございます。更新楽しみにしてます。
        • タッグ
        • 2009/10/11 11:22 AM
        ◆タッグさん : いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

        最近では高校生の中でトラックでスパイクを使わない長距離選手も増えてきてます。やはりスパイクだと足の負担も大きくなります。グリップではGJのG3ソールの方が高いのでWTよりもトラック向きだと思います。

        14分台を目指してがんばって下さい。マラシュで14分02の選手も知ってますから可能性は十分あると思います。
        • MANAGER★
        • 2009/10/10 11:13 PM
        はじめまして。いつもこのブログを楽しく読ませていただいてます。タッグといいます。
        自分は高校二年で5000mを専門としていて、ベストは15分49秒です。
        質問なんですが、オールウェザートラックで5000mを走る場合、このクルーズwtのラバーソールとクルーズgjのG3ソールはどちらがいいんでしょうか?
        ラバーソールに興味があって使ってみたいんですが、トラックだと滑りそうですし、スピードが出にくそうなので……どうなんでしょうか?
        • タッグ
        • 2009/10/08 7:16 PM
        ◆ニシさん : いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。更新遅くなり申し訳ありませんでした。

        このクルーズWT−D1はメーカーの意図としては「雨天時のレース及びトレーニング」プラス「マラソンシューズ導入モデル」と2つの役割を持たせているのだと考えます。ラバーアウトソールとドレッドパターンで排水+グリップ性能を上げていますが、ラバーアウトソールの柔らかさはクッション性もアップしますのでクルーズGJの「G3ソール」ようなマラソンシューズを初めて履く人に硬くて足が痛くなることを少しでも軽減しています。

        実際に竹澤選手(SB)や佐藤選手(日清)の大学時では距離の長い試合にはクルーズWTーD1のようなアウトソールで走ったレースもあるようです。

        補強の素材は価格を抑えるため+耐久性アップで初めてマラソンシューズを購入する方に買いやすくしているのでしょうね。
        • MANAGER★
        • 2009/10/08 8:41 AM
        初めまして!
        高校1年、陸上歴3年のニシと申します。

        久々の更新を楽しみにしていたら、自分の気になっていたクルーズWT−D1の画像が!

        自分も男で練習にはミズノのサブスリーGLを使っていますが、履き心地が最高です。

        自分はクルーズGJをレース用に使っていますが、クルーズDVと似たアウトソールのStep限定「クルーズVR」が長距離(10勸幣紂砲鯀る学生に人気と聞きました。
        ラバーソールが程よいクッションになるそうです。
        先輩の中にはマラソンシューズで練習している人もいるので、自分もいつかラバーソールのマラソンシューズで練習したいなぁと思っています。
        そのためにも脚力をつけてもっと速くならないと(汗

        ひとつ気になったのですが、アッパーの皮革の素材が普通のマラソンシューズと違って見えます。
        これは耐久性の向上を図ってのものでしょうか?
        それともそう見えるだけでしょうか?

        長文失礼しましたm(_ _)m
        • 2009/10/07 8:55 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック