◆Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
        

◆Mono Clip!!

        

◆Categories

◆Archives

◆BlogRanking

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

◆Links

◆Profile

◆Counter


オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters

◆Mobile

qrcode

others

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.02.16 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    FOOTWEARについて語る ASICS ウィンドトレーナー

    0
       みなさんこんばんわ もう早くも6月になってしまいました。市民マラソンはこの時期シーズンオフで短い距離のレースがやや涼しい地方で開催されるといった具合で参加できるレースも減り来シーズンを待ちかねておられる方も多いのではないでしょうか。その上今のマラソン人気はさらに過熱する一方でレースエントリーもままならない状態が続いています。先日も6月1日に受付が始まった手賀沼エコマラソンも翌日には8000人の定員に達してしまいあまりの早さに私MANAGER★もエントリー出来ずじまいでした。

       さて一方陸上競技ではこの時期はインターハイの予選が各地で繰り広げられています。秋の駅伝まではトラックレースになりスパイクを使用する選手が多いのですが、秋からのロードレースに向け2009年秋モデルとしてこの6月に発売されたのがこのモデルです。

      【ASICS ウィンドトレーナー】

      今回はこのニューモデルにスポットを当ててみましょう。

      ASICS_WINDTRAINER  ASICS
       ウィンドトレーナー
       TMM416−0190
       メーカー希望小売価格 ¥15,750−
       2009年6月発売モデル


       毎年この時期には各メーカーが『秋モデル』の早期投入モデルを発売します。もちろん秋からのロードレースに向けてのアピールです。そのロードレースの高いレベルでのトレーニング用として今回発売されたのがこの【ウィンドトレーナー】です。

       パッと見た目はASICSが誇るマラソンシューズ【マラソンソーティJAPAN】と似ていますがソーティJAPANはレース専用モデル、一方このウィンドトレーナーはそのトレーニング用となります。実業団の選手が実際にこのモデル(実際はオーダーシューズ)を履いてトレーニング姿をよく見かけます。

       このシューズの最大の特徴はミッドソールにあります。3層になったソール部は【SOLYTE(ソライト)】+【SPEAVA(スピーバ)】+【スポンジラバー】から成り立っています。最上部にあるソライトは中足部からヒール部にかけて搭載しておりクッション性を目的としています。またソライトという素材は通常使用されるE.V.A(エチレンビニルアセテート)とは違い同じくらいの性能を保ちながらもかなりの軽量化を実現した素材でシューズ全体の軽量性に貢献しています。2層目はスピーバを全面に敷くことにより反発性を高めています。ソライトを全面に使用しなかったのは前足部の反発性を重要視したからなのではないかと考えます。アウトソールはスポンジラバーを使用しています。グリップ性だけを考えればDUOソールの方がいいのですがトレーニング用としての使用を考えクッション性も必要としてスポンジラバーにしています。またこの3層のソールは非常に屈曲性に優れています。これは今ナイキが発売しているNIKE FREEにも共通していることですがシューズの屈曲性を上げることにより足の動きも大きくなりそのことで足自体の筋力アップや柔軟性を上げようという狙いなのです。その上ソール自体の硬度が非常に高くかなり硬く感じられるのですが、硬いことで自分自身の足がしっかりと働きパワーを地面に伝えなければ推進力にならないということからこのシューズが非常に高いレベルのアスリートに向けてのトレーニングであることが解ります。あの金メダリストのシューズを作ったマイスター三村さんも日頃から「シューズは硬くないとダメだ」とおっしゃっていたという話を聞いたことがあります。

       実際に足を通してみた感覚はまず『硬い!!』と感じます。確かにソール全体の屈曲性はかなり柔軟性がありしっかり趾先までを使えるように設計されていますが、やはりこのモデルのターゲットとなっているフルでサブ2.5レベルのランナー向けらしく硬さが他のモデルとは違った感じに仕上がっています。アッパー素材は非常に柔らかく補強材もエクセーヌを使用していますので足馴染みはかなり良いと思います。

       このモデルは昔あった【ターサーF1】を思い出させるスタイルで陸上競技上がりの方には懐かしい感じがすると思います。またシンプルなデザインはランナー心をくすぐりますがやはりこのシューズはフルマラソン2:30以内で走る方が日頃のトレーニングに使用するためのモデルとしてかなり高レベルなユーザーをターゲットにしていますのでちょっと覚悟してご購入されることをオススメします。

       私MANAGER★も初めて目にしたときには購入しようと考えましたが足を通しただけで自分には無理なことがわかりました。


      ブログランキング参加しました♪ Click!Click!お願いしますm(__)m
       にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ


      スポンサーサイト

      0
        • 2012.02.16 Thursday
        • -
        • 17:59
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        お久しぶりです。
        ウィンドトレーナーが気になってるんですが…
        このレベルのシューズは脚力不足だと脚が負けるかもしれならいけど…続けてトレーニングすると脚力も強くなってくるものですかね?
        ジョグはNIKEフリー3.0でトレーニングしてます!
        走力は10キロは38分台でフルマラソン3時間8分台です!

        扁平足なので来シーズンは足の裏から強くしたいと思ってます。
        • ハャードル
        • 2011/05/30 1:11 AM
        ◆ウィングさん : いつも当ブログをごらんいただきありがとうございます。前回もコメントをいただいておりお返事できておらず誠に申し訳ない次第です。

         このシューズを見て懐かしがられるところを見るとかなり本格的に走っておられたことなのでしょうね。ぜひ当時を思い出し走っていただきたいと願います。

         GONAはアシックスの陸上の限定ブランドでゴナの販売店が少なくて当時はウェアやシューズなど隈取風のデザインが非常にかっこよく憧れたものです。

         これからもぜひコメントいただければ幸です。
        • MANAGER★
        • 2009/06/08 9:49 PM
        懐かしい感じがします。
        一昔前はマラソンシューズと言えばこんな軽量シューズが主流でしたね!
        あの頃の様に風の様に走りたいなんて夢を見てしまいます。
        アシックスに以前ゴナと言う軽量シューズがありしたよねぇ?
        • ウィング
        • 2009/06/08 12:20 AM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック