◆Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
        

◆Mono Clip!!

        

◆Categories

◆Archives

◆BlogRanking

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

◆Links

◆Profile

◆Counter


オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters

◆Mobile

qrcode

others

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.02.16 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    FOOTWEARについて語る NIKE エア スパン+6

    0
      みなさま大変遅ればせながら新年のご挨拶させていただきます。

      本年もよろしくお願いいたします。

       2009年も多数新製品が発表されますのでfootwear★MANIAにて私MANAGER★がまたまたいろいろ語らせていただきたいと思います目玉の親父ぜひ更新の遅さをお許しいただきながら等ブログへとお越しいただきますようお願いいたしますお願い

       さて今年の箱根駅伝はご存知のように東洋大学が初優勝を往復路完全勝利という最高の形で幕を引きましたが、出場された選手たちも今頃は次なる目標に向かい更なるトレーニングに励んでいることと思います。今回の箱根出場選手の足元を観察するとナイキシューズを使用する選手が多数いたように思います。ユニフォームも先の東洋大学や駒澤大学、神奈川大学、城西大学などなど使用校もずいぶん増えてきましたよね。高校駅伝では女子の強豪須磨学園高校も昨年の都大路からナイキ社のユニフォームに変わっていました。いよいよナイキが本格的に学生陸上競技に力を入れ始めてきたのでしょう。

       さて今夜はそんなナイキが市民ランナーに向け今年発売した
      【NIKE エア スパン+6】
      について語ってみたいと思います。

      nike_air span+6 NIKE
       エア スパン+6
       No.344552−161
       メーカー希望小売価格 ¥9,975−
       2009年1月発売モデル 
       
      JUGEMテーマ:スポーツ


       ナイキのシューズの特徴は何と言っても【エアクッショニングシステム】です。ミッドソールの中にエアバッグを搭載し、かつてなかったクッション性を実現しあらゆるスポーツで活躍する選手を広告塔とし全世界にNIKE=AIRが広がっていきました。

       今回の新製品の【エア スパン+6】はナイキのカテゴリーに中ではシリアスランナーのジョグからこれから走り始めるビギナーランナー入門用として発売されたモデルです。厚めのミッドソールには『ファイロン』と呼ばれるEVA(エチレンビニルアセテート)を圧縮し熱で膨張させた後に形成された軽量素材を使い反発性を持たせたものを採用しています。そのミッドソールの中には前後に分割されたエアを搭載し前足部と踵部のクッション性を高めています。また踵部外側には『クラッシュパッド』と呼ばれる衝撃吸収素材を使用し接地時の衝撃を緩和させています。このエアスパン+6はニュートラル〜オーバープロネーターに向けたシューズでミッドソール内側、ちょうどアーチから踵にかけて補強材を入れています。

       ラスト(木型)はナイキクッショニングラストシリーズの『QMR−1』と呼ばれるものでニュートラル〜オーバープロネーター用に開発されたものを採用しています。このラストの特徴はラスト底面をフラットにしやや幅を広げることで安定感を持たせ足関節の動きサポートします。ですからLSDトレーニングやビギナーの方の入門用としては柔らかく安定感もあり非常に使いやすいものとなっています。

       アッパーに目を移すと最近のナイキ社のアピールポイントである『フライワイヤー』を外側に搭載しています。このフライワイヤーがあることでアッパーの中足部のホールド感が高くなりシューズの中での自分自身の足が非常に安定することを実感します。

       実際に履いてみた印象はミッドソールの厚さもありズームスピードシリーズに採用の『クシュロン』とまではいきませんが非常に柔らかく長い時間のゆっくりしたランニングには気持ちよく使用できるでしょう。アッパーのフライワイヤーも中足部をしっかりホールドし、またオーバープロネーション対策の内側の補強も気になり様なゴツゴツ感もなく全体的にソフトな感じです。アッパーデザインもスピードスパイダーの流れを汲んだもので見た目も人気が出そうです。このシューズは9,975円という価格を設定しこの価格のゾーンの1番人気『ミズノ・ウェーブエリクサーシリーズ』や『アシックス GEL1100シリーズ』のライバルになってきます。

       皆さんもSHOPで履き比べてみてください。ブランドイメージだけではないNIKEが実感いただけるのではないでしょうか!?




      スポンサーサイト

      0
        • 2012.02.16 Thursday
        • -
        • 10:01
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        ◆レーサーさん : お返事遅くなりましたことお許し下さいませ。

         スピーバとソライトの一番の違いはやはり反発性ではないでしょうか。スピーバの粘りのある反発力は全てのメーカーの中でも特筆すべき性能だと思います。ただ耐久性は高くはなくできればレース専用としてお使いいただくほうがいいのではないでしょうか。
        • MANAGER★
        • 2009/11/12 6:18 PM
        ソーティマジックVR13買いました!
        まだ履いて走っていないのですが・・・
        スピーバとソライトの違いと、ソライトと比べてスピーバの良い点悪い点を知りたいです。できるだけ鮮明に教えて下さい。
        • レーサー
        • 2009/11/09 9:14 PM
        詳しくありがとうございます。
        本当にこんなにわかりやすく書いてあるところは初めてみました。

        ところで、もう一つ聞きたいのですが・・・
        ソーティマジックVRはスピーバミッドソールで、それ以外にスピーバを全面に使ったマラソンシューズはありますか?
        ソーティマジックRRはそうですか?

        また、今販売されているアシックスのマラソンシューズは、ソライトがほとんどですが、
        スピーバとの違い、それと比べてスピーバの良い点、悪い点など詳しく教えて下さい。

        質問ばっかですみません。
        • レーサー
        • 2009/11/06 4:57 PM
        ◆レーサーさん : いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

        ASICSのソーティマジックVRやソーティトレーナーはショップオリジナルですので詳しい情報がございません。ただ実際に使われた方にお聞きするとラストには大きな差はないようです。

        リストアップしていただいた3モデルについて、一番の差は『ミッドソールの硬度』ではないかと思います。スピードスパイダーRのクシュロンという素材はかなりソフトで好き嫌いがはっきり別れます。VRのスピーバミッドソールは高反発なのですがややヘタリが早いようですので、試合専用としてお使いいただく方がいいのではと考えます。クルーズはスピーバ程の反発は無く自分の足で踏み込み反発させる感じなので脚力が必要になるでしょう。

        このVRとクルーズの差は

        VR …高校駅伝
        クルーズ…大学駅伝

        と私MANAGER★は感じています。
        • MANAGER★
        • 2009/11/05 9:11 PM
        ソーティマジックVRシリーズは、
        同じそこ限定のソーティトレーナーSPシリーズと、ラストの設計は同じなのでしょうか?
        また今、マラソンシューズ(エキスパート)を買い換えようと思っていて、どのシューズにしようか悩んでいるのですが・・・
        アシックスの「ソーティマジックVR」と
        ナイキの「エアズームスピードスパイダーR」と
        ミズノの「ウェーブクルーズGJ」のどれかにしたいと思っています。
        自分はアシックスのVRがいいんですが、
        他のメーカーも気になります。
        それぞれのシューズの特長をできるだけ詳しく教えて下さい。
        宜しくお願いします。
        • レーサー
        • 2009/11/03 8:22 PM
        こんにちは、ご丁寧に説明してくださり本当にありがとうございました。MANAGER★さんのご意見をもとに、自分が使用するシューズを検討したいと思います。本当にありがとうございました。
        • 2009/02/11 10:24 AM
        ■いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。今春からの高校陸上競技生活が充実したものになりますようお祈りしております。

        ご質問のシューズ群は一般的にマラシューと呼ばれるモデルですので本当に高いレベルで比べないといけませんからかなり難しいご質問だと頭を抱えております。いろいろ悩みお返事遅れました。

        まず上記に挙げていただいたモデルの中で【ソーティマジックVR】はSTEPさんのオリジナルモデルでMANAGER★は基本のデータなど持っておりませんので実際に触ってみた感覚で申し上げます。

        ★安定性…Wクルーズ(以下クルーズ)、ソーティマジックVR(以下VR)はフラットタイプであるのに対して、マジックRR3(以下RR3)、カタナレーサー(以下カタナ)はセパレートタイプです。なので安定感としては

        クルーズ>>VR>カタナ>RR3

        位かと考えます。クルーズはウェーブを搭載しクッション性とともに安定感を高める役割を持っています。

        ★軽量性…これは実際に計量器で計ってみました。ただ残念ながらVRが手元にありませんのでご了承くださいませ。また同一サイズではありませんでしたので重量÷サイズ×270として27.0cmとして換算しております。

        クルーズ…139g RR3…147g カタナ…170g VR…全面スピーバミッドソールですのでやや重いのではないかと考えます。 

        ★耐摩耗性…これは非常に難しい質問です。基本的にはグリップ素材の樹脂の差だとおもいますが、ややカタナが早く減りを見せていた様な感じでした。

        ★クッション性…ウェーブやズームエアを搭載しているのかどうかといった感じではありますが

        カタナ>クルーズ>>VR>>RR3

        といった感じでRR3はしっかり地面を蹴るために硬めのミッドソールになっています。

        ★反発性…VRのスピーバミッドソールはターサーJAPANなどに使われているものと同じもので履いた瞬間はグニャとした感じですが元に戻る時間が短くスピードが上がればハネ返りが強くなり反発性として実感いただけるのではないでしょうか!?カタナのズームエアも薄いエアにすることで荷重時の形の変化から元の形に戻る時間が短くなるため反発として感じられます。

        VR>>カタナ>RR3>>クルーズ

        となるように思います。

        以上のように書きましたがあくまでもMANAGER★自身の感覚で個人差もありますので参考程度にしてください。

        ※昨年からADIDASが陸上競技長距離にも力を入れてきています。実業団選手(中国電力・伊達選手が最近アディダスになった模様です)や大学駅伝の選手達も今後使用者が増えそうです。
        • MANAGER★
        • 2009/02/08 6:44 PM
        こんにちは、いつもMANAGER★さんのブログ楽しく見させてもらっています。自分はこの春高校生になり、新しくレーシングシューズを買おうと思っています。そこでレーシングシューズについて質問なんですが、次のシューズを
        安定性
        軽量性
        耐摩耗性
        クッション性
        反発性
        のそれぞれ5つの観点でみた時の順位づけをお願いします。
        「MIZUNO ウェーブクルーズGV」
        「ASICS ソーティーマジックRR3」
        「ASICS ソーティーマジックVR」
        「NIKE カタナレーサー」
        そして、その他お勧めのシューズがあったら教えてください!
        質問が長くなってしまって申し訳ありませんが、よろしくお願いします!
        • 2009/02/03 5:05 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック