◆Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
        

◆Mono Clip!!

        

◆Categories

◆Archives

◆BlogRanking

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

◆Links

◆Profile

◆Counter


オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters

◆Mobile

qrcode

others

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.02.16 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    FOOTWEARについて語る MIZUNO ウェーブクルーズGV

    0
       みなさんこんにちわエルモ いよいよ夏休みに突入しましたね〜夏 お子様や学生のみなさんは長ーい休みに何をしようかとワクワクしていることでしょうにかにか 私たち大人は仕事がありますから夏休みどころではありませんが・・・汗 私MANAGER★的には8月8日から始まるスポーツの祭典! そうです【北京オリンピック五輪】が、この夏1番の楽しみですね〜♪ メダルに期待のかかる競技や注目選手のことなど、ワクワクドキドキ感は子供たちにも決して負けていないと思います(^^)b やはり私MANAGER★の注目は野口みずき選手や土佐礼子選手の活躍が期待できそうな女子マラソンなのですが、みなさんはどの競技に関心をお持ちなのでしょうね!?

       そんな北京オリンピックに向けては各スポーツメーカーは最大級のパワーをかけて、このビッグイベントに関連させて【オリンピックバージョン】なる物を発売してきます。今回は男女マラソン代表選手中唯一ミズノを使用する尾方剛選手のレース用のベースとなっているシューズでオリンピック限定カラーも発売になった

       【ミズノ ウェーブクルーズ GV JAPAN】
      についていろいろと考えてみたいと思います。

      mizuno wave cruise gv_japan MIZUNO
       ウェーブクルーズGV JAPAN
       8KR80581
       メーカー希望小売価格¥16,275−
       2008年7月発売モデル
      JUGEMテーマ:スポーツ


       今回の北京オリンピックのマラソン男女6人の選手のうち5人までがアシックス社製のシューズを履きます。つい先日にはプレス発表がありASICSグランドマイスター三村氏の手がけたシューズが話題に上っています。一方今回唯一のミズノ使用の尾方選手が履くシューズのベースになっているのが【ウェーブクルーズシリーズ】なのです。ウェーブクルーズシリーズはロードレースの長い距離を意識したモデルでまさにフルマラソン向けと言っていいでしょう。ある程度の軽量性は必要ですが、やはりあのスピードで42kmを走りきるにはクッション性も必要になります。ミズノには現在『ウェーブユニバース100V』という片足25.5cmで100gの超軽量シューズが存在するのですが、尾方選手は『あの軽さ、ソールの薄さはフルマラソンでは無理』と判断しクルーズシリーズを愛用しているようです。

       今回の【ウェーブクルーズGV】はフルマラソン2:40以内のランナーに向け発売されているモデルでフルマラソンでの使用を考えクッション性を重視しています。まずはクッショニングシステムはパラレルウェーブを採用しています。前作ウェーブクルーズGEとの違いはコンポジットタイプであったウェーブを単一素材に変えよりクッション性を上げてあることです。ウェーブユニバース100Vと比べてみても見た目のミッドソールの厚みの差はほぼないのですが履き比べてみればその違いは歴然としています。やはりユニバースはより路面に近く薄く感じるのですが、クルーズGVは厚みを感じ接地時には柔らかさも感じ取れます。アウトソールは前足部【G3ソール】と言う樹脂製のグリップ素材を貼り付けたソール、踵部は【G3−DRソール】という耐摩耗性を高めたG3ソールを採用しています。前作のクルーズGEでは踵部に【G3ソール】+【G3−DRソール】でしたがクッション重視で考えると【G3−DRソール】のみになったのではと思われます。

       アッパーには中足部に【ダイニーマテープ】を内外に2本使用し長時間に渡ってもホールド感を持続させます。ダイニーマとはダイナマイト爆発時の防爆シート材料として使われている超強力糸のことで、その糸を使ったテープで中足部の安定感を高めています。またシューレースにもダイニーマ糸を使った物を採用していますのでフィッティングはかなりしっかりしています。

       実際に履いてみた感じでは、ユニバースと比べるとある程度のレベルのランナーの方にはクッション性の良さを感じていただけるのではないでしょうか。中足部のホールド感も良く前足部のグリップもしっかり感じ取れます。ただASICSのマラソンソーティマジックと比べると反発性と言う点では劣るのではと感じます。ソーティはどちらかと言うと短い距離向きでこのウェーブクルーズGVは長い距離向きなので直接比較は出来ないかもしれませんが・・・

       北京オリンピックでの日本の活躍を期待したJAPANレッドを身に纏った限定モデルもあり、これから秋のロードシーズン・駅伝シーズンに向けて注目したい1足です。但し・・・やはり3:30min/km以上で走らないと良さがわからないでしょうから、私MANAGER★にはヤバいかも(^^;

      スポンサーサイト

      0
        • 2012.02.16 Thursday
        • -
        • 14:12
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック