◆Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
        

◆Mono Clip!!

        

◆Categories

◆Archives

◆BlogRanking

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

◆Links

◆Profile

◆Counter


オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters

◆Mobile

qrcode

others

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.02.16 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    FOOTWEARについて語る ADIDAS アディ スーパーノバ CS

    0
       みなさんこんにちわどんちゃん世間ではゴールデンウィークと呼ばれる連休日本で全国各地の行楽地には多くの人が集まり賑わっています。今年は曜日の関係上、大型連休になりにくかったようで国内のスポットが人気でお出掛けされた方は人ごみの中大変お疲れになられたでしょうね汗今日明日と残された連休を楽しくお過ごしくださいませ。矢印上
       そんなゴールデンウィーク真っ只中、なんと北海道からお客様が連休を利用し観光も兼ねて京都のMANAGER★のショップまでお越しくださいました。昨年のGW日本は福島県からバイクで約800kmの陸送でお越しいただいたりと、連休は仕事の私MANAGER★としては全国からお越しいただきその土地のことなどいろんなお話が聞けることが非常に楽しみです。しかしランナーのみなさんが遠方にもかかわらず京都までご来店いただくって本当に嬉しいですね。走ることに賭ける思い、快適に走りたいという情熱を感じます。

       さてそんな走ることに情熱を傾けるランナーのみなさんに益々人気のブランドが【ADIDAS】です。最近ではレース会場でのランナーの使用率はミズノを脅かすほどの人気ですし、メーカーサイドもより細分化した商品ラインナップでランニングカテゴリーに力を入れていますので、ランナーにとっては目の離せないブランドです。そのADIDASが2月に発売した『クッション&セーフティ』を目的としたシューズ
       【アディ スーパーノバ CS】
      についていろいろ分析してみたいと思います。

      adidas_super nova cs ADIDAS
       ADI SUPER NOVA CS
       023288
       メーカー希望小売価格 ¥11,445−
       2008年2月発売モデル

      JUGEMテーマ:スポーツ


       以前にもお話しましたがADIDASのランニングシューズラインナップには『インターナショナルモデル』と『日本オリジナルモデル(アディゼロシリーズ)』があり、この【アディスーパーノバCS】も過去にご紹介した【アディスターコントロール】と同じく『インターナショナルモデル』になります。【アディスターコントロール】は大型フォーモーションを搭載することとヒール部のラスティング材を硬度55度のEVAを採用することで安定性を最重要視したモデルとなっているのに対し、この【アディスーパーノバCS】ではヒール部ラスティング材の硬度45度と少し柔らかくまたフォーモーションユニットのサイズもやや小さめになっていますので安定性よりもクッション性・衝撃吸収性に重点をおいたモデルになります。またアディスターCTLはプロモデレーターを採用していますがスーパーノバは搭載がないためモーションコントロール性という面で考えるとオーバープロネーターにはスーパーノバではアーチサポートが物足りずアディスターCTLを使用するほうがいいのでしょう。前足部には蹴り出しの安定感と反発力を生み出すように『アディプリーンプラス』を搭載していますがこれも両者でははっきりした違いが見られます。スーパーノバは中足骨頭部全体にアディプリーンプラスを搭載し所謂ニュートラルなスタイルですが、アディスターCTLは母趾求側に重点を置いた配置になっておりよりオーバープロネーターを意識して作りに仕上がっています。ラストはどちらもEL−07というスローランニングに適するラストで中足部にややゆとりがありますのでADIDAS=細いといった既成概念は通用しません。またヒールホールド感も包み込まれた感じで良く走行中のファーストコンタクト時の安定性アップに繋がります。

       実際に履き比べてみると、安定性重視のアディスターCTLとクッション性重視のスーパーノバですが、どちらかというとスーパーノバの方がしっかりしていて、アデイスターCTLのほうが柔らかくクッション性が良く思えるのです。その違いはインソールにありました。安定性重視のアディスターCTLは通常の硬度にすればかなり硬く感じるようになりビギナーには使いにくくなってしまいそうなので発泡率の低い素材を使用しフワフワとした履き心地としてミッドソールとの相性でバランスをとったのでしょう。対してスーパーノバは通常のインソールですので柔らかすぎることもなく、かといって安定感が落ちるわけでもありませんでした。

       このスーパーノバで唯一気になる部分が母趾求部の沈み込みです。今までのアディダスと同様どうしても着地から蹴り出しまでの動作の中で母趾求にしっかり力が加わった時の沈み込みはオーバープロネーターには不向きなのではと考えてしまいます。ですから私MANAGER★ならこのシューズ【アディスーパーノバCS】はローアーチ・オーバープロネーターにはオススメせず、どちらかというとややハイアーチのランナーにアピールします。そのハイアーチランナーの方なら母趾求の沈みこみもフォーモーションとアディプリーン+が解決してくれるでしょう。
       『履いてみないと解らない』と自身を持って発売したこのシューズ。クォリティキャンペーンも明日までです。まだADIDAS履いたことのない人は是非試してみてください。

      スポンサーサイト

      0
        • 2012.02.16 Thursday
        • -
        • 14:06
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック