◆Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
        

◆Mono Clip!!

        

◆Categories

◆Archives

◆BlogRanking

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・マラソンへ

にほんブログ村 その他スポーツブログ 陸上競技へ

◆Links

◆Profile

◆Counter


オンラインユーザーカウンター by
 Simple Free Counters

◆Mobile

qrcode

others

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2012.02.16 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    FOOTWEARについて語る NIKE カタナレーサー3

    0
       こんにちわ(^^)/ MANAGERです♪ 本格的な夏晴れを迎え毎日暑い日が続きますね〜(-_-; トップランナーのみなさんは涼しいところでの合宿をされ毎日ガンガンに走りこんでおられることでしょうジョギングジョギングジョギング また朝の涼しい時間を利用して走り込みをされているランナーの方も多いのではないかと思います。この時期秋のレースシーズンに向け距離踏んでおきたいですよね〜!! 私MANAGERは暑さに負けプール水泳に行ってまいりましたが・・・ついウトウトしてしまってzzzzzzzzz 気がついたときにはもう遅かったです(^^; 真っ黒というか真っ赤に焼けてました汗 ここ2〜3日ヒリヒリとした痛さに耐えながら仕事をしているMANAGERでしたたらーっ

      そんなわけで、今回第4回目
       『NIKE カタナレーサー3』
       について語ってみたいと思います。

      nike katanaracer3 NIKE
       AIRズームカタナレーサー3
       No.316499−661
       メーカー希望小売価格 ¥13,650−
       2007年7月発売


       この夏に行われる世界陸上大阪大会をイメージしてカラーリングされたこのカタナレーサー3はナイキのエキスパートシリーズのトップモデルに位置されます。ASICSで言うマラソンソーティマジックRR3・MIZUNOならウェーブウィングCEあたりと勝負したいところなのでしょうが、両者に比べると明らかにミッドソールの硬度が低く、特にフォアフット部がかなりソフトな感じでフルマラソンサブ3クラスのランナーでは接地時の安定感と地面を蹴る瞬間のパワー伝達にロスが生まれそうな感じになりそうです。アウトソールは【ドライブソール】と呼ばれるグリップ重視のソールを採用。外側にはワッフル型・パワーの加わる拇指球側には丸型(サッカースパイクでも丸ポイントが一番バランスがいいと言われています)と2つのパターンに分けています。

       ナイキのシューズで一番の悩みどころはラスト(木型)ですよね。NIKE=細い!というイメージで敬遠されてきた方も多いはずです。本来ナイキ・カタナファミリーは日本人向きに作られたシューズでラストもアジアンフィットのはずなのですが・・・ウィズ2EのMANAGERが履いても国産ブランドと比べるとナローな感じは否めません。ただ最近日本人の足型も生活環境の影響か細めの足型の人も増えてきてますので、今後は問題なく履けるブランドになるでしょう。ただし(^^)bウィズ4E・F・Gあたりの方には厳しいかもしれませんね。

       このシューズ、メーカーいわく【3時間10分を切るランナーに】と謳っていますのでマラソンソーティやウェーブウィングと比べるよりも、ターサージャパンやウェーブスペーサーGLあたりと比較してみてはいかがでしょうか?

       このデザイン・カラーはいかにもナイキらしいと思います。もしかしたら世界陸上大阪大会で為末大選手が履くかも!? ってナイキジャパンの方が言っていたとか言わなかったとか(^^)v

      スポンサーサイト

      0
        • 2012.02.16 Thursday
        • -
        • 21:06
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック